フォト
無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 元日点描(1) | トップページ | 元日点描(3) »

2004.01.01

元日点描(2)

陽気な人たち
電車が着いたと思ったら、次の駅止まりだった。
どうするか考えるのも面倒なので、そのまま乗り込み、次の駅で後続電車を待つ。
15分ほど待つと、都心へ向かう電車がやってきた。
やれやれと思いながら、空いている席に腰を下ろすと、同じ車両に何やら陽気な集団がいる。
どこから乗ってきたのか知らないけど、数人の外国人がビール片手に「Happy New Year!」なんて盛り上がっている。
同乗する日本人は一様に押し黙っていて、中には不快そうに見つめるオバハンもいる。
確かにやかましいんだけど、良いんじゃないの?見ていて何だか楽しかったし。
まぁ、ちと怖いと言う意見は否定しないけどね。
ポータブルCD片手に、華麗なステップを披露する御仁は格好良かったなぁ。
で、そうこうしているうちに、電車は終点に着く。
ここからJRに乗り換え。

酒は飲んでも・・・・
山手線に乗り込むと、一人の女の子に目がいった。
かなり酩酊している様子で、手すりにグッタリともたれかかってしゃがみ込んでいた。
マイクロミニスカートを履いていたので、パンツが丸見えだ。
電車に乗っていて、向かいに座った女の子がパンチラしてくれたら「ラッキー!」と思っちゃうけど、酩酊している女の子のパンモロは、男性自身を萎えさせると言うのを初めて知った。
2駅ほど過ぎて席が空いたので座席に座ったら、なんと、その子の隣になってしまった。
アタシの肩の位置が丁度良いのか、頭を思いっきり乗せて寝てやがる。もの凄く酒臭い。
「大丈夫か?」と声を掛けると、何とか大丈夫そう。でも、寒いのに薄着だわ荷物持ってないわで、ホントに大丈夫か?と思ってしまった。言葉は悪いけど「どうぞ、好きなように襲ってください」って言っているようなものじゃない。
よくよく話を聞くと、友達と電車で移動中、駅のコンビニで買い物するからと途中下車したのは良いけど、乗り過ごしてしまったらしい。
キップも携帯も友達に預けたままだったとか。
で、まぁ、今年最初の親切というかお節介というか、自分の携帯でその子の友達に連絡してもらい、友達が待つ駅まで送ってあげた。
山手線一周ですわ(爆)
その間、優しく諭すように「酒は飲んでも呑まれるな」と小言を言ってしまいました。
別に下心はありません。だって、酔っぱらった女の子抱いたって楽しくないし。
何とかその子を送り届けたわけだが、その友達ってのも全員ベロベロに酔っぱらっていた。
特に男の方がどうにもならない状態。女の子って、案外とお酒強いんだよね・・・・。
後は、若い衆に任せて、おぢさんは退散。
あ、言い忘れたけど、酒飲んで酔っぱらってエッチすると、数ヶ月後、青ざめる事になるかも知れないから気をつけてな(爆)

夢の跡
時間は午前2時過ぎ。NHKホールの前を通りかかる。
数時間前まで、ここで紅白歌合戦が行われていた。
この時間になると、観客も出演者もいなくなり、スタッフがセットの搬出に追われていた。
小林幸子の衣装って、トラック何台分なんでしょうねぇ?(爆)

P1030001.JPG

つづける!(爆)

« 元日点描(1) | トップページ | 元日点描(3) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 元日点描(2):

« 元日点描(1) | トップページ | 元日点描(3) »