フォト
無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »

2004.02.28

YahooBB顧客情報流出

YahooBBの顧客情報が流出した事件、問題の451万7039人分のデータは、正真正銘、本物だったそうだ。
クレジットカード番号など、信用情報は含まれていないということであるが、何とも衝撃的な話である。

私の実家には、BBフォンが入っていて、両親はそれを使って電話をしてくるのだが、今回流出したデータにこれらもたぶん含まれているんだろうなぁ、と思っている。
明日にでも電話して、様子を聞いてみよう。

それにしても、顧客情報のデータベースにアクセスできるのは、一部の社員だけと発表されていたと思ったが、それが何故流出したのか。
どこかに穴があったのは間違いないだろう。

ユーザーへのお詫びとして、YahooBBユーザー全員に500円相当の金券を送ると発表されているが、「そんなんじゃすまねぇよ!!」と感じる人も多いだろう。

これって、人ごとじゃないよね。
自分の個人情報が、どこでやりとりされているかなんてわかんないもの。

2004.02.26

前々から思っていたこと・・・

こういう事を書くと、関係者や他のファンに怒られそうですが・・・・・

吉井怜さんの写真を見ていて、何故か「荒木由美子」さんを思い出しちゃったのよね〜
いあ、実際のところは、林寛子さんの若い頃に、とてもよく似ているのですが(笑)

吉井怜さんを見ていると、何か懐かしい感じがしていたんだけど、これって、そういうことだったのかな?

2004.02.25

芥川賞

平成15年度下半期の芥川賞受賞作を掲載している文藝春秋の3月号が、発行部数100万部を超えて、なおも売れ続けているそうだ。
いつもは、地味〜に発表されて、いつの間にか受賞者の名前も忘れてしまっているけれど、今回の受賞者は、19歳と20歳の女性だというのが、いつになく注目を集めた要因なのかもしれない。
文藝春秋を買おうと思ったら生憎売り切れで、今日ようやく入手できた。作品の感想は、読んでからゆっくりと書くことにしたい。いあ、書かないかも知れないけど、それは私の勝手だ。

その後のニュースを見ていると、受賞者の講演活動などのマネジメントに、芸能プロが名乗りを上げているとか。
まぁ、芸能プロにマネジメント委託している作家の先生はいらっしゃる訳なんだけど、あわよくば文芸タレントとして売り出そうなんて、野暮な考えしているんじゃなかろうか?などと勘ぐっても見る。
それはそうと、受賞者の一人、綿矢りささんのアイコラ写真が出回っている。まぁ、何というか・・・・だなぁ。
これも有名税ですかの。
芥川賞受賞者発表の時、マイクロミニスカート姿で登場した金原ひとみさんの姿にも驚いたけどね(笑)
いあね、今時のねーちゃんが芥川賞を取る時代になったかと思いまして。

さて、会社で雑談していると、芥川賞・直木賞の話題になった。
芥川賞は純文学作品を対象に、直木賞は大衆文学を対象にしていると言うことは知っている。
芥川賞は、芥川龍之介を記念して創設された文学賞というのは解るけど、直木賞って何よ?となった。
調べてみると、大正時代に活躍した小説家、直木三十五を記念して創設されたそうである。

まぁ、直木三十五の小説は、機会があったら読んでみようかって感覚で、そんなこと言いつつ、本屋で著作を探したりなんてしない訳だが、芥川龍之介は、中学、高校の教科書にも出ていただけあって、何らかの形で、一度は読んだことがあると思う。でも、どんな話だったか思い出せないものもある。

自分としては、「トロッコ」「鼻」「杜子春」などは記憶にあるのだが、その他の作品となると、名前は知っていても読んでいない。「河童」とかも有名だけど、私は読んでない。機会がなかったというのもあるけど、学校で読書を強制された事があって、それに対する反発がどこかに残っていたのかも知れない。自分の読みたいものを読むってスタンスにしてから、反発心は無くなったけど。

良い機会だから、直木三十五の作品と共に、読んでみるのも良いじゃないかと思う。
本屋に行って、芥川龍之介の作品集も、直木三十五の作品集も売られていないとか、絶版になっている等という状態だったら、目も当てられない。そのときは、インターネットの青空文庫を探してみよう。

芥川賞授賞式で「これからも、言葉の前に悩みながら書いていく」とスピーチした、綿矢りささんの言葉が、なぜか心に残る。
これからの活躍を期待したいですな。

2004.02.23

牛丼狂想曲

今日の昼食は、会社近くの「神戸らんぷ亭」で牛丼の並盛り。
久しぶりに食べた牛丼は、やはり旨かった。
安くて、十分な満腹感も得られる牛丼は、給料日前のサラリーマンの強い味方であると改めて認識した次第である。
ただね、らんぷ亭のご飯、べっちゃりしていたのは如何なものかと。
一寸くらい堅めに炊いた方が、たれとよく馴染むんじゃないかな?なんて思ってみたりもする。

神戸らんぷ亭は、オージービーフに切り替えて牛丼の販売を続けるそうである。
この一連の騒動の中で、牛丼の需要が伸び、そのお陰で吉野家や松屋といったチェーン店では、牛肉の在庫が早々に尽きてしまい、販売休止になってしまったわけだが、味を追求して一旦休止するか、代替の食材を探して販売を続けるか、どちらの判断も間違いじゃないし、顧客のことを考えての事だと思っている。

神戸らんぷ亭は、ダイエー資本で業界では後発組だ。これを機に躍進しようと必死なんだろうなぁ〜なんて事も思ってみる。
まぁ、吉野家にしろ松屋にしろ、代打で出てきた新メニューも結構美味しいので、このまま定番メニューになってほしいなと思っている。
松屋の「豚丼」は、ショウガの風味が利いていて美味しいのだ。
吉野家のカレー丼は、なんか癖になる味だしね。

さて、我らが吉野家だが、牛丼の代わりとして開発された「焼き鳥丼」が、3月で販売休止に追い込まれる模様だ。
これは、鶏インフルエンザの影響で、タイ・中国からの鶏肉輸入が停止されたことにより、在庫が無くなってしまうからだという。
まぁ、弱り目に祟り目というか、綾小路きみまろの漫談ではないが、

牛はダメ。鶏もダメ。豚もダメ。大丈夫なのはニンニクだけ。
って感じですな。

2004.02.19

吉井怜さん、ココログをはじめる

タレントの吉井怜さんが、ココログをはじめたそうです。
既に何件かの記事を投稿されていているのですが、どれも彼女らしい、元気ハツラツな様子がうかがえて、非常に微笑ましいですね。
「仮面天使ロゼッタ」見て、一目でファンになってしまった私ですが、何か感慨深いなぁ。

吉井怜さんというと、骨髄性白血病を患い、永い闘病生活を経て無事に復帰された訳ですが、彼女が療養生活に入ったとの報を聞いたとき、ファンとして、正直不安でした。
私、血液の病気で、友人を失っているのでね。
彼女が上梓された著作のタイトルではないけど「神様、何するの!」って、思いました。

これからの活躍に期待している私です。

久しぶりに、仮面天使ロゼッタ−漆黒のフレイア−のLD見ようかな。

2004.02.16

みやむ〜結婚

IT mediaによると、新世紀エヴァンゲリオンのアスカ役で、一躍有名となった「みやむ〜」こと声優の宮村優子さんが、3月に結婚するそうだ。ちなみに、現在妊娠三ヶ月。お相手は、同じ事務所の所属タレント関隆行さんとのこと。

月並みではありますが、おめでとうさん。

んで、多くのファンが心の中で思っている事。
「生でやってんじゃねーよ!!(涙)」

#最近、こればっかし・・・

まぁ、いわゆる「出来ちゃった結婚」と言う事なんですが、私の従姉妹のお姉さんもそれ。
母親から、従姉妹のお姉さんが結婚すると聞いたとき「最近の若い子は早いから(笑)・・・」と言っていて、「アレって何よ?」と聞いたところ、事の真相を知った次第。
それはそうと、従姉妹のお姉さんの旦那って、私の同級生のお兄さんなのよね・・・・。
そんな訳で、当時、結構複雑な思いを抱いた事がある。今は何ともないけどね(爆)

そういえば、みやむ〜って二度目の結婚なんだよね。一度目は、確か漫画家と結婚して半年で別れたはず。
その頃、AV出演疑惑とか本職とは関係ないところで色々と騒がれていた様子であったし、今度は幸せな家庭を築いて欲しいものだと、エヴァファンだった私は思うところである。

#私はマヤ派でしたので悪しからず(爆)

2004.02.14

ポテトサラダ

コンビニで買った、「クッキングパパ」の廉価版コミックスに、ポテトサラダのレシピが出ていた。
「懐かしい おふくろサラダ」と言うタイトルで掲載されたものだが、これにチャレンジしてみた。
ジャガイモをほぐすときに、指先を軽く火傷してしまったが、できあがりは上々。
ただ、このレシピで作ると、ちょっと量が多めになってしまう。掲載されているのは4〜5人分と考えると良いかも知れない。

P1030018.JPG

春一番

春一番と言っても、お笑い芸人の事ではない(爆)

今週末も良く晴れた天気に恵まれたわけだが、とてつもなく風が強い。
もしや・・・と思ったら、春一番であった。

例年は、3月に入ってから春一番の報を聞くのだが、今年は18日ほど早いそうだ。
東京、大阪は、4月上旬並の気温だったと言うし、今年の春の訪れは早いかも知れない。

とは言え、寒の戻りが有るのは間違いないわけで、こう言うときに風邪を引くんだよね。
注意しないと。

2004.02.13

バレンタインチョコレート

今日、会社でチョコレートを貰った。
そう言えば、明日はチョコレート業界の陰謀渦巻くバレンタインデーだ。
会社は土休だから、渡すとなると今日になる。
義理チョコだとは思うけど、貰えないと寂しいし、貰えたら貰えたで嬉しいものである。
ホワイトデーのお返しは、今のうちに考えておく事にしよう。

チョコレートは結構好きなのだ。
六花亭のホワイトチョコレートとロイズの生チョコレートが好みだったりする。
そう言えば、地元駅ビルにサテライトショップがあったな。
明日買ってこよう。

2004.02.10

ヤマギワソフト館炎上!

既にご存じかと思うが、秋葉原のヤマギワソフト館で火災が発生し、1〜4階の売り場が焼けた。
一時、周囲は騒然となったそうだ。

用事があったので、会社帰りに秋葉原へ行ったのだが、ヤマギワソフト館の前を通ると、煤の匂いがたちこめていた。

P1030015.JPG

帰宅して、インターネットで情報確認をすると、価格comが速報ページを設けていた。恐らく、取材中に遭遇したのであろう。出火直後の生々しい写真が衝撃的だ。
その他にも、現場にいた一般人もデジカメで撮影した写真を、あちこちの掲示板に貼り付けた模様。

ヤマギワソフト館というと、自分もここで大量にソフトを買っていたから、驚きと戸惑いを隠せない。
焼けこげた店の前で、予約していた商品はどうなるのかと携帯電話で話していた男性の姿が印象的だった。

出火場所は、1Fのエスカレーター近くと言われている。
商品紹介のポップや、ポスターなどに炎が燃え移り、延焼が早かったのだと思うけど、ちょーっと勢いが強すぎるような気がする。近くのコンセントから出火という説が出ているが、火柱が上がったと言う目撃情報もあるらしい。放火でない事を祈るばかりだが・・・・・

2004.02.04

節分と恵方巻き

2/3は、全国的に節分であった(こらこら)

節分と言ったら、豆まき、鰯の頭、柊の葉であるが、ここ数年「恵方巻き」と呼ばれる太巻き寿司を食べるのが流行っているようだ。
これは、節分の日に、その年の恵方(縁起の良い方角)を向いて太巻きを食べると、幸運に恵まれると言う言い習わしなんだそうだ。
コンビニやスーパーなどで、太巻き寿司を大々的に販売している様子を見た人も多いだろう。
で、自分もご多分に漏れず、太巻き寿司を買って帰宅したわけである。

さて、この習慣、もともとは関西方面で行われていたものらしく、FPANAPCのパソコン通信会議室で4年前、話題に上がっていた。
コメントツリーを見ていくと、海苔の消費拡大を狙った大阪の海苔業界(そんなの有るんだ・・・)が、1977年に始めたと言うのが真相なのだそうだ。
インターネットでも調べてみると、元々は、愛知県の方の風習とも言われている。
私の記憶では、2001年に関東の一部スーパーで、節分用「恵方巻き」が販売され、2002年にコンビニが参入、一気に全国に広がったようだ。

「節分に便乗した商売など俺は認めん!」という人もいるだろうけど、何でも良いから縁起を担ぎたいって気持ちはよく判る。それだけ、今が不安に満ちあふれているという事の表れじゃないかな?と。

まぁ、細かい事抜きにして、美味しく食べられればそれで良いじゃん!と、今日もお気楽な私である。

« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »