フォト
無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 人身事故 | トップページ | ヤマギワソフト館炎上! »

2004.02.04

節分と恵方巻き

2/3は、全国的に節分であった(こらこら)

節分と言ったら、豆まき、鰯の頭、柊の葉であるが、ここ数年「恵方巻き」と呼ばれる太巻き寿司を食べるのが流行っているようだ。
これは、節分の日に、その年の恵方(縁起の良い方角)を向いて太巻きを食べると、幸運に恵まれると言う言い習わしなんだそうだ。
コンビニやスーパーなどで、太巻き寿司を大々的に販売している様子を見た人も多いだろう。
で、自分もご多分に漏れず、太巻き寿司を買って帰宅したわけである。

さて、この習慣、もともとは関西方面で行われていたものらしく、FPANAPCのパソコン通信会議室で4年前、話題に上がっていた。
コメントツリーを見ていくと、海苔の消費拡大を狙った大阪の海苔業界(そんなの有るんだ・・・)が、1977年に始めたと言うのが真相なのだそうだ。
インターネットでも調べてみると、元々は、愛知県の方の風習とも言われている。
私の記憶では、2001年に関東の一部スーパーで、節分用「恵方巻き」が販売され、2002年にコンビニが参入、一気に全国に広がったようだ。

「節分に便乗した商売など俺は認めん!」という人もいるだろうけど、何でも良いから縁起を担ぎたいって気持ちはよく判る。それだけ、今が不安に満ちあふれているという事の表れじゃないかな?と。

まぁ、細かい事抜きにして、美味しく食べられればそれで良いじゃん!と、今日もお気楽な私である。

« 人身事故 | トップページ | ヤマギワソフト館炎上! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 節分と恵方巻き:

« 人身事故 | トップページ | ヤマギワソフト館炎上! »