フォト
無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 2004年3月 | トップページ | 2004年6月 »

2004.05.31

電脳社会の脆さ

15:20頃、会社で調べものをしていたら、インターネットに接続できなくなった。
Proxyサーバーが転けたのか?と思ったら、どーもそうじゃないみたい。
仕事にならないのでシステム管理者のところへ行くと、バックボーン回線が転けているらしい。
その後、NTT大手町ビルで電源故障があったとの連絡。
私の勤務先だけでなく、他企業やISPに影響が出ているみたい。

不謹慎だとは思いながらも「もしかしてテロ?」なんて言ってしまうのは、世の中そう言う空気だからなんだろうな。

以降、調べものが出来ないので仕事にならず。
携帯電話での接続じゃ辛いんでね。それに自腹だし。

インターネットに当たり前のように接続し、情報や提供されるサービスの恩恵を受ける。
慣れてしまうと手放せないし、インターネットの無い世界なんて考えられないと思ってしまう。
ほんの数年前では考えられなかったことなのにね。

電脳社会を混乱させる簡単な方法。
それは、ネットワークセンターのプレーカーを落とすこと。

電脳社会って、脆い砂の上に成り立っているのと同じかな?

2004.05.18

暑かったり寒かったり

GWの終わり頃から、何やらハッキリしない天気が続いているような気がする。
スカッとした五月晴れの日もあったけど、ほんの数日。
昨日は、曇り空で湿度も高く蒸し暑く感じたけど、今日は一転、肌寒い一日。
「これじゃ風邪ひいちゃうなぁ」と、喫煙所での会話も湿りがち。

2004.05.17

有名人が多く逝く年

唐沢商会(唐沢俊一・唐沢なをき の両名)の著作の中で、「何か有名人が一度に死ぬ年って無いか?」と書かれていたのを思い出す。
今年はまさしくそれなんだろうね。俳優の三橋達也さん死去。享年80。

週刊誌が年末の号で、その年の墓碑銘なんてグラビア特集組んだりしますが、きっと、亡くなられる方の多い少ないでなく、「どれだけ知っているか」で重みが違うんだろうなと思う。

2004.05.14

国民年金、みんなが未納なら怖くない!

国民年金の件、「誰が未納か?」という所に論点が移ってしまったようで、「何だかなぁ〜」と言う感じである。もしかして、論点をぼかして中央突破しようとする社会保険庁の陰謀?(爆)
それに乗っかって、未納者を報じ続けるマスコミも何だかなである。

さて、筑紫哲也氏も未納期間があったとのことで、News23のホームページで謝罪コメントを出している。朝日新聞を退社して個人事務所を設立するまでの期間、国民年金が未納となったのだそうだ。年金問題を取り上げ、政府を批判してきた身として恥ずかしいし、視聴者の信頼を裏切ったとして、番組の出演も当分控えるそうだ。

まぁ、筑紫哲也氏らしい行動かなと思いますけどね。

年金問題に取り組んでいた人たちが、実は未納だったと言うことでは洒落にならないわけだが、この様に間違いが発生するシステムはやはり根本に欠陥がある。まぁ、国のシステムだから、そうそう変更も出来ないんだろうけど、何で未納者が出るのかと言う根本を分析してないのだろう。

ひとつ明らかになったのは、転職経験者は未納期間が有るかもと言うことだ。
取りこぼししないように見直しすればいいものを、他の所に手を入れるからおかしくなるんだよな。
官僚の皆さんは良い大学出ているはずなのに、何で気づかないのかなぁ〜(笑)

まぁ、みんなで未納なら怖くない(爆)

2004.05.13

♪お久しぶりね〜(ブリ、鰤)

久しぶりの投稿。
気が付けば5月も半ばに差し掛かろうとしている訳で、年取ると時間の流れが速い。
一月以上も投稿しなかったのは、単に忙しかったのと、長さんの喪に服していたから。今思うと、あのときの皆の動揺は凄かった。まぁ、それもこれも、人徳ってヤツなんでしょうね。

さてさて、年金問題で国会は大揺れだ。
社会保険庁のCMに出演した、女優・江角マキコさんが年金未納だったと言うのに端を発し、あららという間に出てくる出てくる未納議員。こうなったら、もう笑うしかないやね。

年金の払い忘れがない人って、一つの会社にずっといて定年まで勤め上げた人なんでしょう。
会社辞めて次の職に就くまでの間は、国民年金加入の手続きしておかないといけない訳で、このときに忘れた未納が後々響くって事ですな。
私も二ヶ月間の未納があり、既に納付期限が切れてます。もう知りません。でも良いんだ、どーせ自分たちの時は、年金の支給が80歳とかからになっているんだろうから(爆)

まぁ、手続きの不備ってのも有るけど、殆どの人は年金制度に不信感持っていることは間違いない。
私らの年代では、「払っていても、年金もらえない」と言う意識が根付いてます。
大体、「給付財源が足らない」とか言い出すわ、無意味に立派な建物を建てるのに財源使ったり、端から見たら役人のやりたい放題じゃない。民間企業なら、株主に訴えられますよ。
ですから、投資する意味が見いだせないってのは、至極まっとうな感覚だと思う。

投資に値しないものが、国民の義務であるってのが癪に触るね。

« 2004年3月 | トップページ | 2004年6月 »