フォト
無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 太陽の匂い | トップページ | 探し物はなんですか? »

2004.06.05

人目もはばからず

会社からの帰り、自宅最寄り駅の駅前にある、ドトールコーヒーに立ち寄って一服するのが習慣になっている。
会社近くの書店で買った文庫本を電車内で読み、自宅最寄り駅に着いたら、ドトールコーヒーで続きを読むという次第だ。
帰宅してからゆっくり読むのが良いんだろうけど、色々細々とした事もあるので、このパターンが定着している。

アイスコーヒーを飲みながら文庫本を読んでいると、斜め向かいの席に座っていた男女に目がとまった。
男の方は背を向けて座っていたので、必然的に女性の方へ目がいく。
近くには私立の大学があるので、おそらくそこの生徒だろう。自分には、学校帰りに女の子と喫茶店で語らうなんて経験が一度もなかったから、その光景は、ちょっと羨ましい気もする。

男の方は、女の子の方を見ながら何か話しているようだが、きっと話の内容がつまらないのだろう、女の子の足下を見ると、靴を脱いで、それをつま先に引っかけたりして遊んでいた。
いや、単純に、履いている靴が革のパンプスだったから、蒸れて気持ち悪かっただけなのかも知れない。
最近は、女の子でも水虫を患っている子が多いと言うし、これからの季節、お互い大変だなぁ等と思いつつ、再び文庫本の続きに目をやる。

しばらく読み進んで、タバコでも吸おうかと思い顔を上る。
タバコの箱に手を伸ばしながら、ふと、先ほどの女の子の方を見ると、今度は足の甲を掻いていた。
男の方は気づいていない様子だったが、なんとも色気のない所作だなぁと思っていると、痒みが伝搬したのか、向こうずねやふくらはぎも掻きだした。
こうなると、流石に男の方も気づくだろうし、女の子の方も「赤くなってない?」とばかり、足の向きを変えて見せたりしている。

まぁ、端から見ると何だけど、お互い、気兼ねするような仲じゃないから、こういうのも平気なのかも知れない。
人目もはばからずってのはどうかと思うけど、痒いなら仕方ないか。

「そう言うところを観察するんでない!」
(心の中から)そんなツッコミが聞こえてきたので、また文庫本に目を移す。

残りは20ページあまり。
一気に読み終えて、席を立った。

梅雨入り前の、ちょっと肌寒い夜だ。

« 太陽の匂い | トップページ | 探し物はなんですか? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人目もはばからず:

« 太陽の匂い | トップページ | 探し物はなんですか? »