フォト
無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 怪異名所巡り | トップページ | 七夕 »

2004.06.11

レイ・チャールズ逝く

言葉は悪いけど、今年はやっぱり、大物の逝く当たり年なのかも知れない。
R&Bの巨星、レイ・チャールズ逝く。享年73。

特に好んで聞いていたわけではないけど、彼の歌声は、何気無しに耳にしていることは多いだろう。
自分にとって印象深いのが、USA for AFRICAとして参加した「We are the World」のレコーディングシーンが心に残っている。
彼のパートは後半部、「We are the World. We are the children〜」とソロを取るところ。
USA for AFRICAには、当時、全米のみならず、全世界で人気を誇っていたアメリカのアーティスト達が参加していたわけだけど、彼の貫禄、ソウルフルな歌声は見事だった。

日本がバブル経済で浮かれていた頃、サントリーホワイトのCMで、「いとしのエリー」を彼がカバーしていたのを覚えているだろう。
「金に物言わせて無茶苦茶やりやがって!」といぶかる向きもあったようだが、何も知らん人は、「あの曲はレイ・チャールズの曲で、日本のサザンオールスターズがカバーしたのだ」と思ったかも知れない。
(いあ、そんなことは無いと思うけど)
あの曲を作った、桑田佳祐の才能もさることながら、見事に自分のものに昇華したレイ・チャールズには、脱帽するしかない。

レイ・チャールズに「いとしのエリー」歌って貰うと言う話、週刊新潮に連載されている、北杜夫さんの愛娘、窓際OLこと斉藤由香さんのエッセイにも出てきたことがある。
(彼女はサントリーの社員で、「マカ」の宣伝ウーマンとして知られている。人呼んで「精力剤を売る女」なんだとか)
なんでも、レイ・チャールズを敬愛して止まない社員が言いだし、「なら、やってみなはれ」と、ホントに実現させてしまったのだとか。
「やってみなはれ」とは、サントリーの社風なんだそうだが、古くから広告のセンスの良さに定評のある会社だ。
初め見たとき「流石、サントリーだ」と思ったものである。

さて、芸能人でも彼を敬愛して止まない歌手・タレントさんは多いという。
特に、歌手の和田アキ子さんは、レイ・チャールズの大ファンだそうで、歌手生活30周年記念コンサートで、念願かなって彼とステージを共にしている。
日曜日の「アッコにおまかせ」は、レイ・チャールズへの追悼で幕を開けるに違いない。

それでは私も、レイ・チャールズの歌う「いとしのエリー」を聴いて見送ろう。

« 怪異名所巡り | トップページ | 七夕 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レイ・チャールズ逝く:

« 怪異名所巡り | トップページ | 七夕 »