フォト
無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 情報だだ漏れ!? | トップページ | 風のようにうたが流れていた(9) »

2004.12.14

マンションの電話営業、撃退法教えます。

ちょっと前の話。
自宅でうだうだやっていると、珍しく電話が鳴った。

電話の主は、マンションのデベロッパー会社。まぁ、不動産屋なんだけど、建築済みの物件(それもハイグレードらしい)を格安で販売してますので如何ですか?と言う内容だった。

マンションのモデルルームを、興味本位で見に行ったことはあるけど、アンケートには答えてこなかったし、どうやって電話番号を知ったのだろう?

すかさず、「この電話番号、何処で知った?」と言うと、電話番号番号生成で作成したもので、相手の名前は判らないのだという。
住所は、電話番号の市内局番で「だいたいこの辺」とおおざっぱに記されているらしい。
担当者は、リストを見ながら片っ端から電話して、電話が繋がればマンションの紹介をしつつ、巧みな話術を使って名前や住所などを聞き出すのだそうだ。
繋がらない番号や、ガチャ切りされるなど相手にして貰えないものを除き、会話の出来た番号のリストをまとめれば、立派なデータが完成するという仕組み。
「手間の掛かる話で、ご苦労さんですなぁ〜」と茶化しつつ、不動産屋撃退の決め文句を放つ。

「住宅ローンをさ、金利なし、借入限度額無制限、返済期間無期限にしてくれるならいつでも良いよ!銀行が云々なんて言うなよ、銀行騙すのがアンタらの仕事でしょうが!」

かなり無茶苦茶な論法であるが、これを言うと、ほぼ全員が何も言わずに電話を切ってくれる。
だが、あまりにもバカな言い分なので、不動産屋のブラックリストに載ってしまいそうだ(爆)
向こうも応酬の言葉を考えてきたりして。

とはいうものの、ホントに、この条件を飲んでくれたらクラッと来ちゃうよなぁ・・・・・

まぁ、このご時世、そういうバカな会社は無いでしょうし、仮にあったとしても、ろくなもんではないでしょう。

もし買うときは、こっちから出向いてやるから、それまで待っていやがれ。
いつのことになるかは知らんけど(爆)

« 情報だだ漏れ!? | トップページ | 風のようにうたが流れていた(9) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マンションの電話営業、撃退法教えます。:

« 情報だだ漏れ!? | トップページ | 風のようにうたが流れていた(9) »