フォト
無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005.11.28

トラックバックスパム

21:45現在、ココログの管理画面が異様に重たい。
昨日から今日にかけてシステムトラブルも有ったようだけど、いつにも増してトラックバックスパムが多いのだ。
前に、トラックバックスパムの影響でレスポンスが低下したことがあったけど、今回もそれなんじゃないかな?

さて、トラックバックスパムを削除していたとき、ついでだから当該のIPアドレスをwhoisで検索してみた。

思いっきり、中国からでした(爆)

連中、スクリプトでも組んでやってんですかね?
あんたら、そんな暇があるんなら、きっと優秀な技術者なんだろうから、自国の公害問題を何とかしなさいよ。

2005.11.27

責任の取り方

建物の構造計算書偽造事件で、とうとう犠牲者が出た。

強度偽装が発覚した物件の意匠を担当した設計事務所社長の遺体が発見され、自殺と見られているとのことだ。
この設計事務所社長は、24日から行方不明となり、家族から捜索願が出されていたという。

発想が不謹慎だけど、これが安っぽい2時間ドラマならば、社長の死に疑問を持った若手社員(それも男女二人組)が独自に調査を開始して、黒幕に迫っていく!なんて展開になるだろう。
まぁ、テレビドラマみたいな話しってのは、そうそう有る訳じゃないけど。
(「事実は小説よりも奇なり」というか、実際に起こった事件の方がドラマより凄いですわな)

記事によると、構造計算書偽造事件に関し、建築確認を受けた事務所の代表として責任を感じていると生前話していたようだ。
「責任を感じていたからこそ死を選んだ」、と考えることも出来るだろう。
だけど、亡くなった人のことを悪く言うつもりはないが(そんな権限も無い)、この行動を無責任だと感じたのは、私だけだろうか?

亡くなった社長さんは、不幸にして事件の当事者の一人になってしまったけど、だからこそ、真実を包み隠すことなく話すことが、本当の責任の取り方ではないだろうか。
無論、社会的・経済的・法律的な責任も負わされるであろうが、死んでしまっては、何にもならないのである。

この事件では、民間の検査機関によるずさんな審査.など、建設業界の
様々な問題がクローズアップされている。
この問題は、うやむやで済ませてはダメなんである。

私は、この事件を知ったとき「姉歯という設計士は、なんてとんでもない極悪人なんだ!」と思った。
だけど、彼に仕事への誇りと良心が残っていたから、(はじめは、ためらいが見られた様だが)逃げることなく真実を話すことにしたのではなかろうか?と今では思っている。
だからと言って、彼の事を擁護するつもりはないけど。

#この辺は、後々ノンフィクション作家の人たちがまとめてくれるのかな?個人的には、佐野眞一さんに手がけて欲しいと思う内容であるが。

2005.11.22

偽造計算書が壊したもの

元建設業界関係者と言っても、建設の世界から離れて約6年。
今では部外者みたいなもんだろう。
それでも、先週金曜日に発覚した構造計算書偽造により、建設した建物に倒壊の恐れというニュースには、今でも動揺を感じている。

2ちゃんねるを見ていると「大手だってとんでもないぜ!」という書き込みも見られる。
自分のいた会社は、一応、大手と呼ばれる建設会社だったけど、今回のような無茶苦茶なことはあり得ないと信じている。
「会社の看板に泥を塗るようなこと、建築屋としてやったらダメなことは絶対にするな」と厳しく教育されていたし、胸を張ってお施主さんに渡すんだと言う気概もたたき込まれた。
けど、そんなことを言っても、信じて貰う術が無いというのも事実なんですがね。

構造計算書偽造が判明し、千葉県内で現在建設中のマンションは、解体されることになった
すでに完成し、住民が入居しているマンションにも、自壊してしまう可能性がある物件があるという。
偽造が判明した建物を手がけていたゼネコンは、11/21に倒産した

偽造された計算書で建てられたマンションは、辛うじてまだ建っている。
だけど、建築技術者の誇りと、仕事への信頼と、住民の夢を壊してしまった。

この問題は、建設業界の抱える構造的な問題だと言われている。
今、膿を出し切って患部を切り捨てなければ、未来はない。

2005.11.18

信じていたのに・・・(構造計算書偽造事件)

@nifty:NEWS@nifty:耐震強度偽装、都内のホテルが営業中止(読売新聞).

元建築業界関係者として、このニュースはショックだ。
構造計算書は、建物の命みたいなものだから、いい加減な事はしてないと信じていた。
構造設計の先生方も、検査に来ると細かく見ていったし、だめ出しも散々食らった。
嫌がる鉄筋屋さんをなだめて手直しして貰った事も、一度や二度じゃなかった。
役所の建築検査で、構造の検査の時なんか緊張して倒れそうになった。
会社でも、構造に関する施工管理方法を徹底してたたき込まれた。

「建築コスト削減のため、ギリギリの設計をしている」なんて噂は、時々耳にしていたけど、現場で施工している者からすると「設計図は正しい」という事になるわけで、やるせない思いだけが募る。

構造計算書というのは、建物の確認申請書に添付される書類である。
偽造された計算書が確認申請を通り、建物が作られ、役所検査もパスしているってのは、審査の仕組みにも問題があるのだろう。
(現在は、民間の委託会社が確認申請の審査を行っているそうだ)

この事件の結末はどうなるのか、注目したい。

小泉チルドレンの貫禄

前に勤めていた会社に入社してすぐの頃、上司に「オマエは、入社して間もないのに、もう10年以上いるような顔して座ってるな!」と言われたことがある。
からかわれたのか、それとも嫌みを言われたのかは分からないけど、今の職場でも似たようなことを言われたから、たぶん、変な貫禄が顔に出るんでしょうなぁ(笑)
まぁ、若い頃は怖いもの知らずでしたからねぇ。
今じゃ怖いものばかりだけど。

さて、16日夜、片山さつき氏を含む自民党の新人議員6名が、看護師の深夜勤務状況を視察した。
で、どういう訳か白衣姿である。
おそらく、患者に動揺をを与えないようにとの配慮からだろうけど(夜中にスーツ姿の国会議員がゾロゾロとやったてきたら、治る病気も悪化しそうだわな)、片山さつき氏の姿は、この道数十年のベテラン看護師と言った感じだ。
つーか、貫禄有りすぎで、何か怖いぞ(笑)

この人も、陰で私と同じようなこと言われていたのかなぁ?

2005.11.17

喫煙者の敵も喫煙者

私は、自称愛煙家である。
昨今、愛煙家に対する仕打ちは冷酷さを増し、喫煙所の隔離、税金の上乗せ、医者からの叱責、給料の減額、レストランへの入店拒否、演劇のシナリオ書き換え要求、テレビドラマ出演シーンのカットなど、弱り目に祟り目と言う状況である。
「喫煙者には、人権など無い!」と、のたまう御仁もいるようであります。

まぁ、これらは冗談混じりで挙げてみたけど、愛煙家として、タバコを好まれない人たちの事も考えつつ共存共栄することはできないものか、と常日頃思っている。
会社でも喫煙問題が取り上げられる事が多くなっているが、下手すると感情論に走ってしまい泥沼になる。
「お互いの言い分を押し通すのでなく、お互い一歩引いて、双方が納得できる方策を考えましょうよ。」と議事進行を提案したら、却下された事がある。
頑固者同士が話し合っても解決せんわな。

でも、こうなる土壌を生んだのも我々であろう。
今更反省しても遅いってか?

@nifty:NEWS:駅で喫煙、警告無視し逮捕栃木(共同通信) .
この、逮捕された男に、私は怒りを覚える。
こういうヤツがいるから、私ら善良な喫煙者も悪人にされてしまうのだ。

嫌煙者の敵は喫煙者。
喫煙者の敵も喫煙者と言うことで。

人のことを言う前に

次世代DVDの規格争い。
まぁ、ユーザーを無視してハリウッドを巻き込んでの茶番劇が続いてますが、来日中の米国マイクロソフトCEO、スティーブ・バルマー氏が「効果的にパソコンと統合できる点で優位性がある」として、改めてHD DVDの支持を表明していると言うニュースが報じられている。

ブルーレイについては、「技術的な課題を懸念している」と言う。
言わんとしていることは、たぶん、保護層の厚みのことだな。
一時期取りざたされた、ブルーレイとHD DVDの規格統一も、この点で揉めてお釈迦になったと聞く。

でもね、バルマーさんよ、私らが懸念しているのは、

アンタんところのOS(Windows)の事ですから!

2005.11.16

姫様のウエディングドレス

昨日、天皇家の長女・紀宮さまと東京都職員の黒田さんの結婚式が行われ、今朝の新聞はお祝い一色だったのだが、結婚式の時に着ていらしたドレスが話題になっている。

毎日新聞
スポーツ紙から:紀宮さま ドレスはアニメがモデル?

簡単に書くと、映画「ルパン三世カリオストロの城」に出てきたお姫様「クラリス」が、クライマックスで着ていたドレスと、紀宮さまが着ていらしたドレスのデザインが似ているそうな。
言われてみると、確かに似ている。

紀宮さまは、アニメ・マンガ好きという噂も聞くけど、ちょっと深読みしすぎじゃないかな?
でも、ほのぼのとする話題ですな。

でも、紀宮さまが「本当にあった愉快な話」に皇室の愉快な話を投稿されたら、さぞや楽しいだろうなぁ・・・・って、いくら何でもそれはないか(爆)

2005.11.09

タフを連想させるもの

レッツノートのタッチアンドトライイベントが、また東京で開催されるらしい
前回は、確か10月の中頃に、お台場のビーナスなんたらと言う場所で開催されたと記憶している。
CEATECの期間中だったので、やってることすっかり忘れていたけど(爆)

今回は、東京駅の「Break」と言うイベントスペースが会場だそうだ。
会場案内を見ると、ここって、以前もタッチアンドトライイベントをやっていた場所じゃないかな?
イベント用に駅舎を改装したのかしら?

レッツノートと言えば、ここ最近のモデルでは、軽量・長時間駆動だけでなく「頑丈」も売り文句にしている。
この冬モデルでは、しつこいくらいに「頑丈」を強く打ち出してますな。

それでと言う意図があるのだろうけど、タッチアンドトライのイベントでは特別ゲストとして、WBC世界スーパーフライ級チャンピオンの徳山昌守選手を招いてトークショーを開くそうである。
まぁ、ボクシング選手というと、ファイティング原田の昔から「タフ」と言うイメージがありますな。

そう言えば、レッツノートホームページの活用情報コーナーで、元プロスポーツ選手の方たちを取り上げていたけど、これも、頑丈さをPRする布石だったのかなぁ?

私的には、頑丈と言ったら、やっぱりタフブックを第一に連想してしまう。
一度で良いから、映画のアクションシーンで、主人公が悪漢相手にタフブックを片手に大暴れってシーンが見てみたい(爆)
ジャッキー・チェンなんかがやったらハマりそうだな。

以前、市街地に現れたイノシシを、持っていたノートパソコンで殴って撃退したと言うニュースがあったのだけど、そのパソコンは、絶対にタフブックだと信じて疑わない私である。

ソニーらしい商品

ソニーというと、日本を代表する電機メーカーだけど、最近、良いニュースが少ない。
そのせいか、製品も何かこう・・・今ひとつ魅力に欠ける物ばかりと言う印象だ。

ちまたでは、ソニータイマーだ何だと色々言われているけど、自分自身、ソニーってメーカーの製品は嫌いじゃない。

さて、AV Watchを見ていたら、久しぶりにソニーらしいと言える商品が出ていた。
携帯型リニアPCM録音機「PCM-D1」

何が良いかって、デジタルレコーダーなのにアナログVUメーターってのが良いね!
往年の名機、デンスケを彷彿させる。
それに、録音、再生のボリュームがダイアル式でっせ!

先端のマイクがまた、面白いんですわ。
詳しくはプレスリリースを読んでください(爆)

いやぁ、何か欲しいですね。コレ。
私の友人なんかは、「今時、生録なんてやるやつおるんか?」と言ってますが、それでも欲しいぞ。
機械を操作すると言う楽しみに溢れているような、そんな気がするんだな。

山根一眞さんなんかは、狂喜乱舞して買いに走るんじゃないか?

先にも書いたけど、最近のソニーは何か元気がない。
でも、こういう製品を作り出せる力がまだある。
PCM-D1は、予想価格が20万円らしいので、一般人がホイホイと買える商品じゃないけど、この商品から伝わってくるワクワク感を広げていけば、光明は見えてくるんじゃないかな?

まぁ、ソニーってマニア受けする機械を作る会社でもあるんだけど(^_^;)

2005.11.06

1986年のマリリン、永遠の旅へ・・・

歌手の本田美奈子さんが、急性骨髄性白血病のために亡くなった
享年38。
近年は、ミュージカル女優として高い評価を得ており、病気が判明したときも、気丈に「絶対に直して帰ってきます」と答えていたのだが、ファンや彼女の願いは、神様には届かなかった。

「佳人薄命」なんて嫌な言葉があるけど、もし神様がいるのなら、もう少し気を遣ってくれても良いじゃないか。

本田美奈子さんのご冥福を、心からお祈りいたします。

2005.11.04

爆発に気を付けろ!

秋も一層と深まり、鍋料理のおいしい季節がやってきましたが、一人で食べる鍋ほど不味い物はありませんな。
やはり、女の子と一緒に鍋をつつくのが一番!

なんてバカ話はおいといて、大阪の居酒屋で、カセットコンロのボンベが爆発し、怪我人が出ると言う事故が起きた。
爆発の原因は、IHコンロ。

IHコンロでガスボンベって何?

記事によると、テーブルに備え付けられていたIHコンロが故障していたため、カセットコンロで代用していたのだそうな。
ところが使っているうちに、何故か故障している筈のIHコンロの電源が入り、予備としておいていたガスボンベを加熱、爆発に至ったという。
IHって、磁力による電気抵抗を起こして加熱する方法なので、ボンベが加熱されたわけですな。
置く場所が悪かったといえばそれまでだけど、故障しているのなら、コンセント抜いておけとも言いたいですね。

IHは、火を使わないので安全と言われているが、鍋を選ぶので土鍋などは使えない。
でも、最近は、IH対応土鍋なんてのもある。
これは、鍋底に金属板を仕込んでいるのだけど、前に行った居酒屋では、鍋の中に金属板を入れていた。
(紙鍋だったのです)
使ってみると、IHって便利なのよね。
台所が熱くならないし、後の手入れも簡単だし。
IHキッチン装備の部屋、探してみようかなぁ・・・・

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »