フォト
無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006.04.28

シャバの空気

証券取引法違反で逮捕・起訴され、東京拘置所に拘置されていた、ライブドア元社長・堀江貴文氏が保釈された

まぁ、保釈金3億円をポンと小切手で払ったというのはアレですが、まるで別人の様に痩せてしまいますたな。
痩せたと言うか、やつれたと言うのが正解かも知らんけど、94日間の拘留生活は厳しいものだったんだなぁと、何となく想像してみる。
でも、またすぐに、逮捕前の恰幅の良い姿に戻ったりして?(^_^;)

写真やテレビ画面では、ちゃんとした判断は難しいんだけど、逮捕前に放たれていた傲慢オーラが少なくなった様に感じますな。
そのかし、闘志を内に秘めているような気がする。
裁判での徹底抗戦、裏切り者への復讐、事業での再起・・・・etc。
そんな彼を「ホリエモン」と軽々しく呼ぶのは、相応しくないなと思うが如何だろう?

マスコミ報道から感じた印象だけで言うと、堀江貴文という人物は、生理的に苦手なタイプだ。
だけど、拘置所での94日間、彼が何を考え、何を思ったか。
月刊誌などで手記が早々に掲載されるのだろうけど、興味がある。

久しぶりに吸ったシャバの空気に、彼は何を感じたのか。

2006.04.25

10年目のLet's note。10年で水にも強くなったぞ

Let's noteの夏モデルが発表された。
ついでに言うと、6月でLet's note発売10周年である。

今回は、CF-Y5(CF-Y4の後継機)が新筐体になり、耐荷重100kgfに対応した。
これで、Let's note全機種が耐荷重100kgfになった。

バッテリー駆動時間も大幅に改善され、CF-Y5が9時間(Y4は7時間)、CF-W5が12時間(W4は8時間)、CF-T5が15時間(T4は12時間)、CF-R5が11時間(R4は9時間)となっている。
まぁ、メーカーの言うバッテリー駆動時間は、JEITA測定法の数値なので、実使用時との差が著しいのだけど、仮に6掛けで考えてもかなりのもんであるなと、驚きを隠せない。

何たって、あーた、10年前のLet's noteなんか、バッテリー駆動時間は、実働で良くて2時間ですよ!2時間!(AL-N1シリーズ。公称は3~5時間。当時は各社統一の測定方法がなかった)
バッテリーを無駄に消費しないように、ケチケチ作戦、素早い作業を行うのに苦心していたのを考えると、10年の歳月というものを感じずにはいられないですな。

んで、CF-Y5は、キーボード全面が防滴仕様となっており、液体こぼしによるトラブルに配慮したそうだ。
防滴仕様というと、TOUGHBOOKを思い出すけど、あちらは水を侵入させないと言う考え方なのに対し、CF-Y5は水を逃がすという考え方だ。
発表会では、動作しているCF-Y5に水をかけると言う無茶なデモを披露したらしい。

PC Watchで掲載されている動画を見たけど、しばし呆然ですわ。
だけど、本当に自信があるから、こういうデモをやったんでしょう。

今から10年前、当時、彗星のごとく登場したLet's noteを、ダイナブックを売り飛ばして手に入れ、その後、浮気をすることなくLet's noteを使っている。
10年の間には、もう、次は出ないのか?と不安になった時もあった。
「トラックボールこそLet's note!」と言う人たちも多いと思うけど、私は、今のモデルは嫌いじゃない。
初代のLet's noteのDNAは、受け継がれていると思うしね。

てな訳で、Let's note 10周年おめでとう&今までありがとう。
これからもヨロシク頼むぜ!
という感じで、お願いいたしたく(爆)

2006.04.22

ブルーレイ陣営、反撃開始?

次世代DVDの規格として、ブルーレイとHD DVDが、ユーザー不在の白地図陣取り合戦を繰り広げているわけだが、どちらが覇者になるかは、依然、不透明ですな。
ユーザー不在の白地図陣取り合戦ってのに関して言うと、メーカーだけでなく、無闇に煽っているマスコミが一番の悪人だと思うんだけどね。

3/31に東芝がHD DVDプレーヤーを発売し、発表会の席上で、対抗するブルーレイ陣営を痛烈に批判したりして、なんつうか、「東芝必死だな(  ゚,_ゝ゚)プッ」と言う印象を抱いた。
と言うか、私的に、東芝のブルーレイ陣営批判って、非常に見苦しく感じたんだよね。
自分たちの技術の優位性を誇示するのは構わないんだけど、良い悪いを判断するのは、最終的にはユーザーな訳で、「テメェ達の理論をユーザーに押しつけるなバカ!」と、思った訳なんですわ。

んで、昨日4/21に、松下電器がPC用のブルーレイドライブとメディア(25GB/50GB)の発表を行った。

ブルーレイをボロクソにけなしていた東芝に対し、何か強烈な意趣返しがあるのかな?と思ったら、記事を読む限りでは「大人の対応」と言う印象を受けた。
まぁ、「いちいち相手してらんないよ」というのが、本音なのかも知れない。
意趣返しを期待していたマスコミからすると、「大人の対応」をされては不満がつのるのだろうけど、どうしても仁義なき争いを記事として書きたいのなら、「チラシの裏にでも書いてなさい」と、マスコミの皆さんに言っておきたいですな。

さて、記事を色々と読んでいくと、ITmediaに載っていた新技術を採用した製品における“普及のトリガー”はPC用製品が引くことが多い」という松下幹部社員の言葉が印象に残った。

ITmediaの記事にも書いてあるけど、記録型DVDにしても、まずはPC用として使われはじめ、今では当たり前のようになっていますわね。
記録型DVDも、当初は規格が乱立していたわけだけど、DVDスーパーマルチドライブの登場で、混乱は解決してしまった。
「デジタルの場合、規格の違いも工夫次第で何とかなってしまうんですよね・・・」と、何かの記事で読んだ記憶があるんだけど、これも松下電器関係者の談話だったかしら?

ブルーレイ対HD DVDの対決は、家庭用のビデオプレーヤー/レコーダーの登場をもって、最終決戦に向かうのだと思うけど、ユーザーが不利益を被らないように、工夫を重ねて欲しいなと言うのが、偽らざる心境である。

で、結局、オマエはどっちの支持者なんだ?と言う声が聞こえてくるのだけど、私のスタンスは簡単。

エロを制した者の味方!(爆)

まぁ、世の中そんなもんですよ。

2006.04.16

PBJのUltra Mobile PCを触ってきた。

発表以来、様々なメディアで話題を呼んだUltra Mobile PC。
日本では、PBJという会社が「Smart Caddie」と言う名称で、製品の発表を行っている。

今日、神田神保町を徘徊していたら、三省堂書店の店頭でSmart Caddieのデモを行っていたので見てきた。
でも、何故に神保町?
近くには大学が多いから、学生需要を狙ったのか?

20060416140148

実際に触ってみた感想だが、まぁ、良くできているとは思うのだけど、持った感じがずっしりと重たく感じる。
あと、思ったより分厚いですな。
往年の名機、三菱電機のAmityを思い出してしまいましたよ。
(店頭にいたPBJの人は、Amityを知らなかったけど)

それから、液晶がちょっと見にくく感じましたな。
屋外だから仕方が無いと言えばそうなんだけど、輝度調整で明るくしたらバッテリーが持たない。
一時期注目された反射型液晶だったらどうよ?とも思うけど、アレってば室内で使うときに辛いんだわな。
半透過型液晶ってのもありますが、重量に影響が出そうですしね。

全体的な動作は、何かもっさりしていた。
アプリケーション入れたら辛いかなぁ?と言う感じ。
搭載OSがWindows XP TabletPC Editionなので、過度の期待は禁物でありんす。

と、どうもマイナス面ばかり目に付いてしまったけど、何世代か進化すれば、もっとよくなるんじゃないかな。

価格は99800円で、ソフマップなどで予約受付しているけど、ちょっと高いかな(爆)
まぁ、従来のモバイルPCに比べたら大幅に安いですが、私の飽くなき物欲は反応しなかったですな。

さて、他の皆様は、どう見ますか。

2006.04.14

「執事喫茶」登場。執事の名は「セバスチャン」?

メイドビジネス?が花盛りですな。
メイド喫茶やメイドマッサージは、テレビや雑誌等でも散々取り上げられているし、いい加減、過当競争の時期に入るんじゃないかな?とも思うけど。

んで、誰かがやるだろうなと思っていたら、本当に出来てましたよ。

執事喫茶

池袋あたりでは、

腐女子の皆様に大人気

な様です。

あまりの人気のため執事役が不足し、シルバー人材を急募しているとか。

それで、執事の中でも大人気のお方の名は、当然、

セバスチャン

なんでしょうか?

しかし、なんで、執事=セバスチャン と言う図式が・・・
某ゲームの影響かしら?

2006.04.12

文化庁が文化を壊す?

高松塚古墳というと、国の特別史跡で極彩色の壁画が有名である。
この壁画が図案となった記念切手(文化財保護シリーズだったかな?)は、切手愛好家の間でも評判が良かったと記憶している。
で、近年、壁画にカビが生えるなどの問題が発生し、文化庁が2002年にかび除去工事を行ったのだが、その時に壁画を傷つけていた事が明らかになった。
まぁ、カビ除去工事は結局失敗して、石室の解体保存という事態にまで発展してしまいましたがねぇ。

文化財を守る立場にある役所が、文化財を壊してしまうのでは洒落にならんね。
「こんなもの壊したって平気だ!」と思っている者が、職員の中にいるのだろうか?

文化庁が守りたい「文化」って、実は、日本の文化じゃなかったりして(爆)

2006.04.11

さらにしつこい成分分析

カドルコア世代と言うWEBページで公開されているソフト「Buffalin」 が大人気である。

このソフトは、成分分析をしてくれるというスグレモノだ。

で、その結果をさらにしつこく分析するWEBコンテンツが登場した。
その名も、「成分分析-Z

では、早速、この間の分析を再度分析してみる。

七瀬またたび は (しつこく調べると)、
  34.04% の 世の無常さ と、
  32.64% の カルシウム と、
  11.22% の 玉露 と、
  6.44% の 濃硫酸 と、
  4.59% の マイナスイオン と、
  3.49% の お菓子 と、
  2.55% の ミスリル と、
  2.3% の 株 と、
  2.01% の 電波 と、
  0.66% の 黒インク と、
  0.06% の 心の壁 と、
で出来ています。

内訳はこうなっています。

七瀬またたびの51%は見栄で出来ています
 見栄の64%はカルシウムで出来ています
 見栄の22%は玉露で出来ています
 見栄の9%はマイナスイオンで出来ています
 見栄の5%はミスリルで出来ています
七瀬またたびの46%は赤い何かで出来ています
 赤い何かの74%は世の無常さで出来ています
 赤い何かの14%は濃硫酸で出来ています
 赤い何かの7%はお菓子で出来ています
 赤い何かの5%は株で出来ています
七瀬またたびの3%はお菓子で出来ています
 お菓子の67%は電波で出来ています
 お菓子の22%は黒インクで出来ています
 お菓子の9%はお菓子で出来ています
 お菓子の2%は心の壁で出来ています

・・・・・・・・・・・・・orz

2006.04.07

デジタル写真の違和感

昨年、プリンターを新調してから、デジカメで撮った写真をプリントアウトし、額装して部屋に飾る、なんてガラにもないことに凝っているのだけど、自分で現像処理した銀塩写真と比べてみて、何か違和感を感じていた。
デジカメで撮ったやつも上手くプリントできているのだけど、出来上がった写真に、何かが足らない気がしたのだ。

写真家の浅井慎平氏が、あるテレビ番組で「デジタルカメラで撮った写真は記号だけど、銀塩写真は雰囲気を切り取るんだ」と言った内容の話しをしていた。
結論としては、デジタルと銀塩を適材適所で使い分けて行けばいいと言う事だったけど、何か胸に響く話しだなと感じた。

デジカメで撮った写真が記号であるならば、その記号に雰囲気を与えるにはどうすればいいか。
その事を試行錯誤してみようかな?と思う。

まぁ、私の腕前では、どうにもならんかも知れないけど。

2006.04.05

日本政府資料に「盧政権は反日利用」と記述と韓国紙が報道

@nifty:NEWS日本政府資料に「盧政権は反日利用」記述…韓国紙報道(読売新聞)

韓国紙「中央日報」が入手した、韓国政府の対日外交政策に関する日本政府の内部報告書に、こう記載されていたんですと。
ただ、この内部報告書は対外秘資料で、もし本物だとしたら、どのようなルートで中央日報が入手したのか、興味深いところですな。

もしかして、西澤某さんが中央日報に持ち込んだのでしょうか?(笑)
もしくは、内緒でWinnyを使ってキンタマウイルスに感染してしまった、外務省職員のPCから流出したとか。

それとも、本当に政府関係者からのリークで?((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

どうも、変な風を吹かせようとしている輩がいるのじゃないかって、そんな予感がしますな。
気のせいで済んでくれれば良いのだけど。

アクスル、長距離走れる電動バイク開発

電動自転車メーカー(あるんだ・・・)のアクスルが、1回の充電で180キロ走行できる電動バイクの試作車を開発したそうだ。

電動バイクとしての性能もさることながら、デザインも、なかなか良いじゃないかと思う。

で、ふと思ったんだけど、ジャパニメーションの代表作「AKIRA」に出てきた「金田のバイク」にテイストが似てない?

ネタが被ってますよ!

Panasonicのプラズマテレビ「ビエラ」のCMキャラクターは、女優の小雪だ。
今までは、ビエラのCMのみの出演だったが、今度からDVDレコーダー「DIGA」のCMキャラクターも務めるという。
浮世絵の「見返り美人」をイメージしたと思われるCMは、早く見てみたいですな。

さて、同じプラズマ陣営の日立は、CMキャラクターに黒木瞳を起用している。
日立は、4/4に新機種の発表会を行ったのだけど、CMでは平安美女に扮するそうである。

松下と日立、両者仲良く「和の美」でプラズマテレビの性能をPRしようという事なんだと思いますが・・・

ネタが被ってますよ!

担当の広告代理店が何処かは知りませぬが、偶然って凄いですねぇ。

ところで・・・日立製作所の皆様、

黒木瞳の壁紙を公開して(爆)

2006.04.04

成分分析結果

カドルコア世代と言うWEBページで公開されているソフト「Buffalin」 が大人気である。

このソフトは、成分分析をしてくれるというスグレモノだ。

では、私の好きなものを分析してみよう。

川村ゆきえの成分解析結果 :
川村ゆきえの37%は乙女心で出来ています。
川村ゆきえの36%はむなしさで出来ています。
川村ゆきえの17%は明太子で出来ています。
川村ゆきえの10%は蛇の抜け殻で出来ています。

めんたいこと蛇の抜け殻はどうでも良いけど、彼女の写真を見ると湧いてくる、甘酸っぱい思いは、36%のむなしさから来るのかなぁ?
現在休養中の様ですが、一日も早い復活を期待したい。

かでなれおんの成分解析結果 :
かでなれおんの99%は宇宙の意思で出来ています。
かでなれおんの1%はカルシウムで出来ています。

日本人離れしたあのボディは、宇宙の意志なんですな。
で、牛乳をよく飲んだら、カルシウムとともに胸も育ったと。

時東ぁみの成分解析結果 :
時東ぁみの40%は記憶で出来ています。
時東ぁみの35%は希望で出来ています。
時東ぁみの13%は株で出来ています。
時東ぁみの7%は海水で出来ています。
時東ぁみの1%は優雅さで出来ています。
時東ぁみの1%は汗と涙(化合物)で出来ています。
時東ぁみの1%は成功の鍵で出来ています。
時東ぁみの1%は月の光で出来ています。
時東ぁみの1%は祝福で出来ています。

村○ファンドが大量保有して騒動になる前に、時東ぁみの株に投資してみようか?

最後に、お約束。

七瀬またたびの成分解析結果 :
七瀬またたびの40%は見栄で出来ています。
七瀬またたびの32%は苦労で出来ています。
七瀬またたびの13%は気の迷いで出来ています。
七瀬またたびの7%は欲望で出来ています。
七瀬またたびの4%は睡眠薬で出来ています。
七瀬またたびの3%は鉛で出来ています。
七瀬またたびの1%は株で出来ています。

・・・・・・・・・orz

2006.04.03

もしもし、わたしリカちゃん。会社員になったの(はぁと)

私が通勤で使っている路線は、やたらと混む。
雨の日と、週頭は大変な状態ですな。
毎朝駅に着くと、くたびれたサラリーマンと何かに不満を抱えたOLが、押し合いへし合いしながら、電車に乗り込んでおります。

だけど、今朝は、ちょっと違った雰囲気だった。
真新しいスーツに身を包んだ、新社会人とおぼしき人たちの姿が多く見られたのだ。
今日は、入社式と言うところも多いんでしょう。

タカラトミーでは、リカちゃんが正式に社員として入社したそうだ!!

リカちゃんの設定は、11歳の小学五年生だそうだが、「22歳の新卒」と言う設定で、髪型と表情を大人びたものにして、入社式に出席。
ちなみに、このことはサプライズとして企画されていたらしく、会場には、どよめきが起こったという。
これから研修を経て、広報担当社員として活躍するとのこと。

ただねぇ、リカちゃんって、初代が発売されたのは1967年なのね。
つまり39年(歳)。

新入社員と言いつつ、すでにお局様クラスではないでしょうか?(爆)

でも、現行モデルは1987年の発売なので20年。
「22歳、新卒」でなくて「20歳、短大卒」でも良かったんじゃないかな?
それとも、短大卒だと総合職採用じゃないから、調整した?

まぁ、新社会人の皆様には、立派な社会人になって頂きたいなと思います。
見習わなくて良い人物ほど、新人を教育したがるので、その辺は良く見極めて。

JCBカードを作れば、メイドさんがやってくる?

メイドビジネス?が花盛りですな。
メイド喫茶やメイドマッサージは、テレビや雑誌等でも散々取り上げられているし、いい加減、過当競争の時期に入るんじゃないかな?とも思うけど。

インターネットのニュースサイトを見ていたら、こんなニュースを発見。

JCBカード入会で限定フィギュア&メイドさん写真集を全員にプレゼント!

JCBカードを作って、萌えアイテムを買いまくれ!と言うことですかの?(^_^;)

金利ゼロ、

利用限度額無制限、

返済期限無期限ならば

作ってやろうじゃありませんか!(爆)

まぁ、頼まれても作らないけどねぇ(^_^;)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »