フォト
無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 日本政府資料に「盧政権は反日利用」と記述と韓国紙が報道 | トップページ | さらにしつこい成分分析 »

2006.04.07

デジタル写真の違和感

昨年、プリンターを新調してから、デジカメで撮った写真をプリントアウトし、額装して部屋に飾る、なんてガラにもないことに凝っているのだけど、自分で現像処理した銀塩写真と比べてみて、何か違和感を感じていた。
デジカメで撮ったやつも上手くプリントできているのだけど、出来上がった写真に、何かが足らない気がしたのだ。

写真家の浅井慎平氏が、あるテレビ番組で「デジタルカメラで撮った写真は記号だけど、銀塩写真は雰囲気を切り取るんだ」と言った内容の話しをしていた。
結論としては、デジタルと銀塩を適材適所で使い分けて行けばいいと言う事だったけど、何か胸に響く話しだなと感じた。

デジカメで撮った写真が記号であるならば、その記号に雰囲気を与えるにはどうすればいいか。
その事を試行錯誤してみようかな?と思う。

まぁ、私の腕前では、どうにもならんかも知れないけど。

« 日本政府資料に「盧政権は反日利用」と記述と韓国紙が報道 | トップページ | さらにしつこい成分分析 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デジタル写真の違和感:

« 日本政府資料に「盧政権は反日利用」と記述と韓国紙が報道 | トップページ | さらにしつこい成分分析 »