フォト
無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013.12.31

大晦日

早いもので、今年も残すところあと数時間です。

毎年言っているような気がしますが、年を取ると、一年が早い。
年が明けて、早く暖かくならんかなぁ?と思っていたら夏が来て、気がついたら年末ですよ!
どういうことですか!

と言う事で、来年は一秒一分一時一日一週一月一年を、大切に過ごしたいと思います。

今年一番のトピックと言ったら、やはり、全東京写真連盟に入会して、撮影会へ本格的に参加しだしたことですね。
私、長年写真を趣味にしていた割に、腕前は今ひとつでしたから、基本に立ち返るという意味でも意義がありました。

来年は、コンテストでもっと上位に入賞できるように精進しよう。

んで、機材関係の目標として・・・・「(中古の)ライカを手に入れること」を目標にしてみようと考えております。
まぁ、Panasonicがライカ銘の新レンズ発売を予告していて、そっちも当然注目しているのだけど、フィルムのレジンファインダーカメラで、憧れでもあったものに近づけるように、頑張ろうかなと。レンズは50mm狙いね。
まぁ、妥協してフォクトレンダーのベッサ、若しくはツァイス・イコン(コシナの製造品)になっちまう可能性も否定できませんが(^_^;)

それでは皆様、良いお年を。
そして数時間後に、元日点描でお会いしましょう(笑)

P1190217
※写真の転載は禁じます
全東京写真連盟 芝公園羽子板撮影会
モデル:月 桔梗さん
撮影データ:Panasonic DMC-GH3、M.ZUIKO DIGTAL 45mm、ISO-125、f2.2、1/100

2013.12.24

皇居一般参賀の要領

昨日のエントリーで、皇居一般参賀の待機中に起きた出来事を書いたんですが、それについて、Twitterのフォロワーさんから、「一般参賀の要領で、機材にカメラなどを取り付けて高く掲げることは禁止されているよ」とのコメントがありました。

宮内庁のホームページを確認しましたら、確かに書かれていますね。

天皇誕生日一般参賀要領(宮内庁ホームページ)

新年一般参賀要領(宮内庁ホームページ)

この様に明文化されているわけだから、注意されたら止めないとねぇ。
と言う事で、皇居の一般参賀に行ってみようかなぁ・・・と思った方は、一度、要領を確認しておくと良いですね。

まぁ、人の振り見て我が振り直せ。ですな。

2013.12.23

皇居一般参賀

本日は、天皇誕生日。
と言う事で、皇居の一般参賀に行って参りました。

毎年今の時期は気温も低く、特に今年は腰の調子も良くないので、寒空の下で待機するのは、正直しんどいなと思ったのですが、頑張って行ってきました。
腰用のカイロとZippoのカイロで完全武装していったつもりですが、足下の防寒対策が重要ですね。

お正月の一般参賀に行かれる方は、スキー用のタイツ、靴下を着用して行かれると良いかと思います。
あと、トイレも遠いですから、前日から水分は控えめに。

さて、警察官の誘導で皇居内に入り、両陛下、皇太子殿下ご夫妻、秋篠宮殿下ご夫妻と真子内親王殿下のお出ましを待つしばしの間に起こった出来事。

とある男性が、伸ばした一脚に取り付けたカメラ(ハッセルブラッドのHシステム)を、参賀客に向けて写真を撮っておりました。
何か、この男性は去年もいたような記憶があるんですが、人混みの中で危ないなぁ・・・と言うか、場所をわきまえろと思っておったんですが、案の定、警備の警察官から注意されます。
注意されると一脚を下ろすのですが、またすぐに同じ事を繰り返す。
そして、また注意される。
周りの人たちも「なんだコイツ?」と思い始める。

そして三回目。
やってきた警察官に注意されても、何やらご託を並べているのか(屁理屈か)揉めている様子(警察官は、かなり気を遣って注意されてました)。
そのうちに周りから「つまみ出せ!」と罵声が飛ぶ始末。
両陛下のお出ましの時間も刻一刻と迫る中、警察官の手により強制退場と相成りました。
周りの人たちと揉め出したり、殴り合いに発展したりしたら目も当てられないですしね。
(と言うか、周りにはその筋の人も多いわけで、仮につまみ出されなかったとしても、後でぼこぼこにされたと思うな。)

おそらくは、両陛下と同じ視線で参賀客を写したかったんだと思うけれど、そういうのは、大体ろくでもない意図を持って撮りたがるモンだと、個人的には感じております。
と言うか、私的には、これがきっかけで「カメラ持ち込み禁止」とされるほうが怖いんですけれどね。

それでまぁ・・・私も無礼を承知でお出ましの際に写真を撮らせて戴きました。
でも、写真を撮るのはこの時だけ。
お言葉を戴いている最中は真剣に耳を傾け、その後は力一杯小旗を振ることにしております。(自分なりの、けじめのつもりです)

P1190611

バルコニーにお立ちになった両陛下。
天皇陛下は手を振りながら、皇后陛下に何か語りかけたようで、微笑み合われる両陛下のお姿にほっこりいたしました。

この写真は、プリントして神棚に飾っております(マジです)。

2013.12.22

全東京写真連盟撮影会(芝公園)

今年最後の三連休の中日に、今年最後の全東京写真連盟撮影会が、芝公園(芝東照宮)で行われました。
気持ちのいい青空が広がる快晴でしたが、風が冷たくてカイロを仕込んでいって正解でした(笑)
しかしながら、最近、調子が良くない腰には来ましたねぇ・・・。
本格的な腰痛対策が必要になってきました(もう、いい歳だし)。

P1180797
※写真の転載は禁じます
モデル:月 桔梗さん
撮影データ:Panasonic DMC-GH3、G VARIO 14-45mm、ISO-200、f8、1/60、フラッシュ、PLフィルター使用

芝公園と言ったら、東京タワー。
青空と東京タワーと芝東照宮境内の銀杏を背景に入れて・・・等と贅沢な事を考えたのですが、思うようには行かないもんですねぇ(笑)
別カットでトリミングすれば何とかまとまりそうなものがありますので、年末年始の休暇中に試行錯誤してみようかと。

P1190093
※写真の転載は禁じます
モデル:月 桔梗さん
撮影データ:Panasonic DMC-GH3、PENTAX TAKUMAR 55mm F1.8、ISO-125、f2.8、1/160、フラッシュ使用

今回の撮影会では、CanonのFD 50mm F1.4でなく、PENTAX TAKUMAR 55mm F1.8を持ち出してみました。
同一環境で試してみないことには何とも言えませんが、空気が乾燥している今の季節は、PENTAXのレンズの方がいい感じに収まるかなぁ?(個人的感想)。
まだ暑い頃に、大宮公園の撮影会でもこのレンズを使いましたが、しっとりし過ぎな感じを受けましたもので(個人的感想)。

ちょっと荷物が増えますが、次の撮影会では両方持って行って試してみようかしら。

P1190389
※写真の転載は禁じます
モデル:月 桔梗さん
撮影データ:Panasonic DMC-GH3、M.ZUIKO DIGTAL 45mm F1.8、ISO-200、f2.8、1/640

こことは別の場所での出来事なのですが、私は、カメラのAFを「顔認証モート」で使用しています。
これで大体想像がついたと思うんですが、そうです。カメラが「羽子板の押し絵の顔」を認識してしまったんですな(笑)
まぁ、もう一度AFを合わせ直したら、今度はモデルさんの顔を認識してくれましたが、それをきっかけに、羽子板の絵柄をメインにして、一工夫できなかったかな?と感じている次第。
団体撮影会では他のカメラマンも大勢いますから、アイディアが浮かんだとしても、試すに試せないですけれども、来年の撮影会までに、何か考えてみようかしら。

とまぁ、課題山積ですが、一つ一つ克服していく努力を続けたいと思います。

来年は1月4日、晴海埠頭での晴れ着撮影会からスタートです。

2013.12.19

平和に暮らすと言うこと

東京都の猪瀬都知事が、お金で躓いて辞職したと言うニュースで、しばらくニュース欄は、次の「都知事は誰なんや?」で盛り上がるんだと思うんですが、それもまた、手前勝手でいい加減な話で、もしかすると、ギャーギャー騒いでいるのは「自称・都民」なのかも・・・なーんて思ったりしています。

まぁ、氏に一票を投じた都民として言わせて戴くと、副知事時代の働きを見ていて、他の候補者がアレだったと言うこともあって、この人だったら大丈夫だろう・・・と思ったのは事実でありますし、著作なんかも読んでなるほどな・・・と思ったところも多いし、何にしろ、日本のために東京がちゃんとしないとイカンのだ、と言う論は、今でも支持してますからね。

だもんで、こんな形で幕引きになったのは残念ですが、今のご時世、仕方ないのかなとも感じております。

それはそうとね、声を大にして言いたいのは、次の都知事を選ぶときは、よく考えて投票しろって事ですね。
だから、安易に「テレビに出ていて顔が知れている」だとか「耳障りの言い事ばかり連ねている」だとか、「マスコミが全力で推している」だとか、いい加減な気持ちで選ばないようにって事を肝に銘じておきたいですね。

都知事の問題もそうですが、同日に発生した「餃子の王将」の社長が射殺されたと言う事件も衝撃であります。
つうか、こっちの方が、都知事の進退より重大な事件ですよ。
京都府警は、全力を挙げて犯人を逮捕して戴きたい。
大丈夫かなぁ・・・。

この様に、心落ち着かないニュースばかりでは、いい写真も撮れません。
綺麗なおねーちゃんの写真を沢山撮って、幸せな気分でいたいってのが、偽らざる気持ちです。

P1140202
※写真の転載は禁じます
全東京写真連盟 葛飾柴又撮影会
モデル:月寒うさぎさん
撮影データ:Panasonic DMC-GH3、G VARIO 14-45mm、ISO-125、f8、1/40、フラッシュ使用

2013.12.16

焼きいもの季節

♪垣根の垣根の曲がり角、たき火だたき火だ、焼きいもだ(違)

まぁ、今のご時世、垣根は殆ど見かけなくなったし、たき火なんてやる場所も無いし、やったらやったで通報されるしで、風情に乏しくなった様な気がいたしますが、焼きいもの美味しい季節であります。

今年の初め、焼きいも用のホーロー鍋を購入したのですが、生のまま焼き始めると時間もガス代も掛かる訳で、何かいい方法は無いかな?と思ってましたら、電子レンジを活用する方法というのを教えて戴きまして、解凍モードで約10分間加熱し、その後焼きいもなべで10~15分間焼くという方法に落ち着いております。

・・・って、あまり時間短縮にはなってませんな(^_^;)

電子レンジだけで作る方法もあるのですが、レンジでやるとパサパサした感じになるのと、皮の香ばしさが出せないんですよね。
・・・9割方電子レンジで仕込んで、皮を焼く感じで、焼きいも鍋使えばいいじゃんか・・・。

写真同様、料理も精進あるのみです!

Img_20131130_0008
※写真の転載は禁じます。
全東京写真連盟 こどもの国撮影会
モデル:月 桔梗さん(全東京写真連盟所属モデル)
撮影データ:ヤシカマット124G、コダック エクター

それにしても、カラーネガを使うと写真の仕上がりが安定しない・・・
モノクロだと思い通りになるんだけどなぁ・・・・。

2013.12.12

ストロボを極めたい

どうも、昔からストロボを使った撮影が苦手です(笑)
教本なり何なりを買って勉強すればいいんだけど、こんなところで、ものぐさな性格が災いしております。

撮影会などで内蔵ストロボを日中シンクロさせることがあるのだけれど、大体、一枚目は失敗してますね。
デジタルだから、トライ&エラーで何度かやり直せるけれど、一発で決めたいものであります。

P1130281
※写真の転載は禁じます。
全東京写真連盟 船の科学館撮影会
モデル:小奥(まあちゃん)さん(全東京写真連盟所属モデル。2013準フォトジェニック)
撮影データ:Panasonic DMC-GH3、G VARIO 14-45mm、ISO-125、f13、1/60、ストロボ使用

 

2013.12.11

季節のうつろい

前に撮影した写真を見返していると、撮影時のことを色々と思い出します。
本格的に全東京写真連盟の撮影会へ参加しだしたのは梅雨の頃で、毎回毎回、汗まみれになったことばかり思い出してしまいますが(笑)

寒くなりましたので、そろそろ、Zippoのハンドウォーマーにご登場戴くことになりますね。

P1100145
※写真の転載は禁じます。
全東京写真連盟 大宮公園撮影会
モデル:川西ちえさん(全東京写真連盟所属モデル)
撮影データ:Panasonic DMC-GH3、DG SUMMILUX 25mm、ISO-125、f2.2、1/320

2013.12.10

手荒れ、肌荒れ

今の時期、手荒れ、肌荒れに悩まされ、オロナインと馬油が手放せません。
先日のフィルム現像後も、作業後にスキンケアしたつもりだったんですが、指先がひび割れてしまい、痛いです(笑)

とは言え、ゴム手袋をしての作業はどうにもやりにくく、諦めるしかないのかな?と思うことも多々あります。

P1100401
※写真の転載は禁じます。
全東京写真連盟 大宮公園撮影会
モデル:緒川未来さん(全東京写真連盟所属モデル。2013フォトジェニック)
撮影データ:Panasonic DMC-GH3、G VARIO 45-200mm、ISO-125、f4.9、1/125

 

2013.12.09

ライトボックスの必要性

現像したネガは、スキャナーでデータ化して、画像編集ソフトでゴミ除去などの処理をしているんですが、ネガの確認をやるとき、ルーペとライトボックスは必需品。
ヨドバシカメラなんかで現像に出すと、自由に使えるライトボックスが店内にあるのでそれを利用しますが、自家現像した場合だとライトボックスが無いと不便に感じます。

そんなもん、iPadで白い画像を表示して代用すればいいやん!と思っていたのですが、カラーネガでそれをやると、液晶のドットも拡大されて見にくいんですよ(笑)
なので、自宅用のライトボックスを用意しようと調べたんですが・・・・高いですねぇ。
昔はA4サイズのものでも1万円しなかったと思ったんですが、今は光源がLEDのものが主流で、2万円くらいしています。
でも、アマゾンなんかを見ていると、トレース台だと安いんですな。
そっち方面で考えてみよう。


Img_20131014_0009
※写真の転載は禁じます
全東京写真連盟 葛飾柴又撮影会
モデル:月寒うさぎさん
撮影データ:ヤシカマット124G、ILFORD PANF50

 

2013.12.08

静止現像

今日は、昨日よりも風が冷たく感じられ、もう冬なんだなぁ・・・って、今年の残りもあと三週間ちょっとだってぇの!
一年なんて、あっという間ですな。

さて、今日はフィルム現像に勤しんだ一日。
直近三回の撮影会で使ったモノクロフィルムの現像をします。
前にも書きましたが、最近、モノクロフィルムを静止現像するのに凝っています。

「静止現像」とは何ぞや?
通常のフィルム現像では、現像液を攪拌して、現像状態がムラにならないようにするのですが、静止現像では、現像液を高倍率で希釈して攪拌せずそのまま放置すると言う方法になります。

まぁ、Google先生に聞いてみると、色々と事例が出てきます(笑)
私のやり方も、それに倣ったものですね。

一応、手順を記しておきましょうか。

  1. 現像液の準備
    「R09 ONE SHOT」(「ロジナール」と呼ばれる現像液の現在の商品名)を約20度の水で希釈する。希釈倍率は100倍もしくは200倍

  2. 現像タンクにフィルムを詰める
    ダークバック内での作業。手探りになりますが、慣れるしかない。
    私が使っているのは、APのプラスチックタンク。フィルムリールを捻ると巻き込まれるタイプなので便利。パターソンというメーカーの製品も同様ですね。

  3. 現像タンクを水で満たし、約一分間連続攪拌する
    これ、別にやらなくてもいいみたいなんですが、現像液を投入したときになじみが良さそうな気がするのでやっています。
    攪拌後に水を捨てると、水が濃い青色になっていて驚きます(笑)
    ※ハレーション防止剤の色らしいです。

  4. 現像液を投入し、一分間連続攪拌する。
    静止現像なのに攪拌するという(笑)
    まぁ、フィルムに現像液を馴染ませるという感覚でしょうか。

  5. そのまま放置
    液温20度の「R09 ONE SHOT」100倍希釈で一時間。200倍希釈で90分でやってます。
    ちなみに、コダックのT-MAXデベロッパーという現像液を使ったときは、37倍希釈で90分ですね。
    液温が下がらないよう、効果の程は疑問ですが、段ボールまたは新聞紙で四方を囲っておいてます。

  6. 停止処理
    上記の時間放置したら、現像液を捨てて、停止液を投入します。
    停止液は酢酸を希釈するのが一般的ですが、臭いの問題があるので、イルフォードの停止液を使用しています。

  7. 定着処理
    停止液を排出し、定着液を投入します。
    富士フイルムのスーパープロドールでしたら、5分間ですね。
    最初の一分間は連続攪拌、以降、一分ごとに10秒攪拌。

  8. 予備水洗
    この後、水洗促進処理をするので、先に1分程度流水でフィルムを水洗します。
    水洗する前に、フィルムの様子を確認しておくといいでしょう。
    前に、水洗終了後にフィルムを確認したら、うっすらと白いものが残る・・・と言う現象に遭遇しまして、スポンジで拭くと取れるんですが、どうも定着がうまく行ってない感じになってしまいました。
    原因は不明なんですが、思い当たるのは停止処理を水で済ませた事。
    イルフォードの停止液を使い始めてからは、その様な現象には遭遇していません。

  9. 水洗促進処理
    富士フイルムの「QW」で水洗促進処理します。

  10. 本水洗
    流水で約5分間水洗します。

  11. 乾燥
    おもりの入ったフィルム用クリップでつり下げ乾燥します。
    水を湿して絞った写真用スポンジでフィルムの水滴を取ると、乾燥も早いです。
    水滴防止剤(フジのドライウェルトか。要するに界面活性剤。ママレモンでも代用可能(笑))を使う人もいますが、この辺は好き好きですね。

  12. 乾燥したらネガシートに入れて保管します。
とまぁ、ざっと書くとこんな感じ。
詳しくは、Google先生に聞いてください(笑)

__

現像を終えたネガはこんな感じ。
「R09 ONE SHOT」って、本来は25倍または50倍で希釈するものなんですが、100倍、200倍でも使えるって、どんだけ強い薬剤なんだろう?

静止現像と言いますと、写真家の木村伊兵衛先生がされていたと言うことでも知られています。
静止現像により、シャープネスさと豊かなトーンが得られると言われておるのですが、確かに、そう言う傾向は感じられます。

ただし、静止現像は適切な露出にしっかりしたピントがあってこそ、その効果が意義あるものになるわけで、下手な写真を補正する方法ではない。
と言う事で、まだまだ精進が必要です。

2013.12.07

腰が痛い2

腰の具合は、非常に悪いです(笑)

今日は、住んでいるアパートの契約更新諸々で出かけたのですが、ちょっとした拍子で腰に痛みが走るもんですから、行く先々で心配されてしまいました。

Photo
※写真の転載は禁じます
全東京写真連盟所属 水元公園浴衣撮
モデル:緒川未来さん(全東京写真連盟所属モデル。2013フォトジェニック)
撮影データ:Panasonic DMC-GH3、M.ZUIKO DIGTAL 45mm、ISO-200、f=1.8、1/4000

さて、先月行われた撮影会の、コンクール用の写真を印刷したんですが、どうも今ひとつ。
印刷状態が落ち着いた頃を見計らって、再度見直し。
必要に応じて再印刷の予定。
黒の染料インクが少なくなってきているから、買っておかなくちゃ。

2013.12.06

腰が痛い

困ったことに、腰痛持ちです。
寒くなると辛いです。
家事仕事で中腰になると、身体を戻したときに激痛が走ります。

明日は楽しい土曜日ですが、午前中は掃除・洗濯タイム。
とても危険です(笑)

と言う事で、身体の負担も考えてカメラを選択したら、マイクロフォーサーズになりました。
なんと言ってもコンパクトですからねぇ。
そりゃあ、ニコンやキヤノンのフルサイズ機は魅力ですが、長時間持ち歩いて使うことを考えると、躊躇いたします。

とは言いつつ、ボディにレンズ数本に二眼レフをカメラバックに詰めて行ったら、十分重たいわなぁ・・・。

そんな私が、今一番注目しているカメラは、ペンタックス67だったりして(笑)
重たいカメラは身体がもたないとか言っておきながら、もうね、アホかとバカかと。

ペンタックス67も製造が終了して以降、中古屋の店頭から姿を消しましたなぁ。

Img_20131130_0011
※写真の転載は禁じます
全東京写真連盟 こどもの国撮影会
モデル:月 桔梗さん(全東京写真連盟所属モデル)
撮影データ:ヤシカマット124G、コダック エクター

2013.12.05

全東京写真連盟撮影会(大宮公園)

今やデジタル時代。
そんな時代にフィルムで写真撮影しようと思うと、フィルムの種類が少なくなっているから、色々と困る。

まぁ、富士フイルムが頑張って製造を続けてくれているし、トイカメラでおなじみのロモグラフィーも、自社ブランドでフィルムを出しているし、イルフォードのモノクロもある。
面白いところでは、チェコの「FOMA」というモノクロフィルムが、なかなか良い感じだったりします。

昔、新宿西口駅前のヨドバシカメラの地下一階は、フィルムや暗室機材の売り場で、様々なフィルムや印画紙、暗室機材が売られていました。
修学旅行で東京に来て、自由行動の時にヨドバシカメラに行ったんだけど、もう、興奮しましたねぇ。
田舎では手に入らない代物が沢山ありましたもの。

だけれども、フィルムの売り場が縮小されたり、価格改定で値上げされたりすると、先行きに不安を感じざるを得ません。

カメラ雑誌の解説記事などでもおなじみの、写真家・赤城耕一先生が「みんなが月に一本でもいいからフィルムで撮影し現像に出したら、状況は変わると思うんだけど」と仰っていましたが、本当にそうだと思います。

フィルムで撮影するのは色々と手間が掛かるし、仕上がりもすぐには判らないのでヤキモキしますが、不思議と会心の一枚が撮れたときって、シャッター切った瞬間に判るんですよね。
ネガの調子から、プリントの仕上げ手順までが頭の中に浮かんで、その通りになる。
そう言う経験は、今までに一度しかありませんけれども。

Omiya
※写真の転載は禁じます。
モデル:川西ちえ さん(全東京写真連盟所属モデル)
撮影データ:ヤシカマット124G、富士フイルムNEOPAN ACROS

最近、モノクロは富士フイルムのNEOPAN ACROS、カラーネガはコダックのエクターで落ち着いています。
富士フイルムの製品使うと、やはり日本のメーカーは、細かいところまで気を遣っているなぁと感じますね。

 

2013.12.04

全東京写真連盟撮影会(こどもの国)

今使っているLUMIX DMC-GH3を買おうと決めたとき、14-35mm F2.8レンズがセットになったキットで買おうと思ったのだけれど、微妙に資金が足らず、店に行って、どうしたもんかと相談したところ、ボディ単体とパナ-ライカの25mm F1.4ならば予算に収まることが判り、その組み合わせで購入しました。

パナソニックが製造しているとはいえ、ライカの基準をクリアしたレンズな訳で、写りに関しては文句なしで、普段から常用しているレンズであります。

35mm換算で50mmの焦点距離になるわけですが、実は50mmというレンズは奥が深い。
焦点距離50mmのレンズは、フィルム時代に一眼レフの「最初の一本」として手にした人も多いと思うけれど、意外と使いこなすのが難しい。

まぁ、広く撮りたかったら離れる、大きく撮りたかったら近寄ればいいんだけど、団体での撮影会なんかではそうも言ってられない場面も多いので、囲みの人数が少ないときに、さっさっさっと使う感じだったりします。

P1170258
※画像の転載は禁じます
モデル:月 桔梗 さん(全東京写真連盟所属モデル)
撮影データ:Panasonic DMC-GH3、DG SUMMILUX 25mm、ISO-200、f=2.8、1/100

このレンズは、描写が柔らかいから好きなんですよね。
50mmレンズを愛用した写真家ですと、木村伊兵衛さん等が有名ですが、私も、このレンズを思いのままに操れるよう、精進したいものです。

 

2013.12.03

全東京写真連盟撮影会(葛西臨海公園)

何か、長いことココログから離れていたので、操作方法を色々と忘れています(笑)
あと、HTMLのタグも忘れちゃってるなぁ・・・・。

さて、本日の写真は、10月に開催された、全東京写真連盟の葛西臨海公園撮影会から。

撮影会で使用されているカメラは、今では殆どの方がデジタル。
だけども、フィルムカメラの人もまだまだ存在しています。

私が使用しているのも主にはデジタルですが、フィルムのカメラも一緒に使っています。
しかも二眼レフ(笑)
使っているのはヤシカマット124Gという機種で、私が高校の頃は現行商品として売られていましたが、昭和の終わりと共に製造を終えたようです。

二眼レフ自体は、現在も「ローライフレックス」が現行製品として販売されていますが、とても手の出る値段ではございませんね。
新品の二眼レフにこだわるなら、中国の「シーガル」が価格も手ごろでしょうか。
でもまぁ、多くの場合は中古品を買い求めることになるのかな?
中古でも、往年の二眼レフはいい値段していますね。

Img_20131117_0013
※写真の転載は禁じます。
モデル:まりー さん(全東京写真連盟所属モデル。2013準フォトジェニック)
撮影データ:ヤシカマット124G、ヤシノン80mm、F=8、1/250、NEOPAN ACROS

Img_20131117_0014_2
※写真の転載は禁じます。
モデル:樹さん(全東京写真連盟所属モデル)
撮影データ:ヤシカマット124G、ヤシノン80mm、F=8、1/250、NEOPAN ACROS

モノクロは自家現像しておりまして、最近では「ロジナール」という現像液を使用した「静止現像」に凝っております。
ここに掲載した写真も、ロジナールで静止現像したものです。
静止現像については、別の機会で書きましょうかね。
ちなみにカラーで撮ると、えらくノスタルジックな色になります・・・。

欲を言えば、往年の名機「ローライフレックス2.8F」が欲しいんですが、「あえてヤシカを選ぶのが粋なんだ」と皆さん仰られる。
私が初めて手にしたカメラは、ヤシカのコンパクトカメラだし、このカメラは使いやすくて気に入っているので、色々と難しい所もあるけれど、もっと遊んでやろうと思っております。

それから、年配の方には「懐かしい」、若い世代には「珍しい」と映るようで、ヤシカマットが会話の糸口になったりする場面が多いですね。

2013.12.02

全東京写真連盟撮影会(高幡不動尊-その2)

高幡不動尊で行われた、全東京写真連盟の撮影会の写真。
昨日のではモデルさんにも失礼なわけで、もう少しまともに撮れた作品を載せたいと思います。

P1180439_5
※写真の転載は禁じます
モデル:小奥(まあちゃん)さん※全東京写真連盟所属モデル。2013準フォトジェニック。
撮影データ:Panasonic DMC-GH3、M.ZUIKO DIGTAL 45mm、ISO-200、f=2.2、1/250

オリンパスの45mm F1.8は、価格もお手頃で描写力もバッチリ。
さらにレンズ本体もコンパクトで、気軽に持ち出せるのでお気に入りのレンズなのだけど、撮影会での利用頻度が高いのは、実はこのレンズではありません。

P1180030
写真の転載は禁じます
モデル:小奥(まあちゃん)さん※全東京写真連盟所属モデル。2013準フォトジェニック。
撮影データ:Panasonic DMC-GH3、Canon FD 50mm F1.4 S.S.C、ISO-200、f=2.8、1/320

私の愛機はマイクロフォーサーズなので、昔のMF一眼のレンズをマウントアダプターを介して装着すると、焦点距離は約二倍換算になります。
なので、50mmの標準レンズが100mm相当の中望遠レンズとして使えます。
標準レンズだから中古でも数があるし安い・・・と、言いたいところなんですが、同じ事を考える人は多いようで、最近、中古のMF一眼のレンズは品薄気味の様子。
安いからと言って飛びつくと、大体カビてます(笑)

このCanon FD 50mm F1.4 S.S.Cは、発売が1973年だから40年前に作られたレンズ!と言うことになります。
だけれども、非常にシャープで色も良く、しっとりとした感じに写るのがたまりませんね。
予備でもう何本か入手しようかしら?

このレンズは大体F2.8に絞って使うことが多いんですが、その理由が次の写真。

P1180046
※写真の転載は禁じます
モデル:小奥(まあちゃん)さん※全東京写真連盟所属モデル。2013準フォトジェニック。
撮影データ:Panasonic DMC-GH3、Canon FD 50mm F1.4 S.S.C、ISO-200、f=1.4、1/1250

この様に、フレアーが出て、ソフトフォーカスになるんですな(笑)
だけども、ピントは芯があり味わいのある効果を生んでいます。
元々の基本設計が優れていると言うことですね。

ちなみに、PENTAXのTAKUMAR 55mm F1.8も所有しているんですが、こちらは、絞り開放だと色温度が高くなる傾向がありますね。
F2.8だと、若干の色収差は残りますが、大分良い感じになります。

そんな訳で、各社の50mmレンズを集めて、描写の違いを楽しみたい・・・と言うのが、最近の野望です。
けどねぇ・・・、ニッコールもコンタックス(ヤシカ/コンタックス)も、いい値段してるんだよなぁ。

2013.12.01

全東京写真連盟撮影会(高幡不動尊)

12月第一回目の全東京写真連盟撮影会が、高幡不動尊で開催されたので参加してきた。

全東京写真連盟は、月に二回撮影会を開催しているが、タイミングによっては二週連続という事になる。
でも撮影会は楽しいので、例え場所が遠くてもそんなに苦にならないが、撮影後の写真選びは毎度苦しい(笑)。

撮影会の写真掲載申請も終わったので、とりあえず一枚。

P1180460_3
※写真の転載は禁じます
モデル:小奥(まあちゃん)さん※全東京写真連盟所属モデル。2013準フォトジェニック。
撮影データ:Panasonic DMC-GH3、DG SUMMILUX 25mm、ISO-200、f=2.0、1/400

自分で撮っておいて何だけど、白い壁に刻まれた目地が邪魔ですな(^_^;)
構図もまだまだ改善の余地あり。
写真を撮り始めて30年近くになるけれど、本当に自分は基本がなってない。
勉強し直しですな・・・・orz

続きを読む "全東京写真連盟撮影会(高幡不動尊)" »

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »