フォト
無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014.01.26

フィルムスキャニングとテストプリントと

今日は、晴海と湯島聖堂の撮影会にて、二眼レフ(ヤシカマット124G)で撮影したフィルムをスキャナーで取り込み、調整、その他諸々をして過ごしたのですが、フラットベット型スキャナーは、準備が面倒ですな(^_^;)
部屋が狭く、置く場所が無いので、使うときだけ箱から出すという運用だから仕方の無い事ではありますが・・・・。

それで、取り込んだ写真の調整をして、テストプリント。
色調整をしながら何枚か出力したら、しまいに訳が分からなくなってしまいました(笑)
モニターの色調整もしたのですが、まだ調整したり無い感じ・・・と言うか、フィルムで良い感じにすると、デジカメで撮った方の写真の色が、ちょっと好みで無くなると言う。
あと、染料インクのプリンターなので、色が落ち着いてからでないと、判断を誤りますので、注意しなくちゃね。

こういう時は、一旦作業を止めて数日寝かすに限ります。

Img_20140126_0010
全東京写真連盟 湯島聖堂撮影会
モデル:まりー さん
撮影データ:ヤシカマット124G、f=5.6、1/125、フジカラー PRO160 NS

2014.01.20

名刺と肩書き

パソコン通信時代なんかは、オフ会用と言うことで、ハンドル名で名刺を作っていたけれど、最近はそう言うこともしなくなっていました。
だけども、自己紹介やブログの案内をするときなど、それ用の名刺があると便利。
趣味の分野での集まりで、会社の名刺を出すのもためらわれる場合も有るし、仕事を忘れてリフレッシュするために趣味に没頭したいってのもあるので、仕事とプライベートは分けておくのがベスとかな?と勝手に思っております。

そういうわけで、プリンターもあるし、昔買って使わないでいた名刺用紙もあるので、プライベート用の名刺を作ってみました。
仕事では肩書きのある立場には無いけれど、趣味の世界だったら、何となくそれっぽい肩書きを付けてみたい。

写真が趣味だから「フォトグラファー」とか「カメラマン」でも良いんだけれど、自分はプロじゃない。
ブログやTwitterのプロフィールでは「流しのカメラマン」等と名乗っているけれど、「流し」って何だよ!(笑)
名刺で受け狙いをしても寒いだけかも知れないので、ちょっと真面目に作ってみたい。

と言う事で、「写真愛好家」を名乗ることにした。
写真を撮ること、見ること、語ることが好きだから、ピッタリだと思う。

この間の撮影会で、早速知り合いに配ったのだけど、「写真愛好家って英語では何というのか?」という話題になった。

グーグル先生に聞いてみたら、「photography enthusiast(写真に熱中する人)」と言う英訳に当たったんだけれど、何かニュアンスが違う。
「Shutter Bug」って言い方も有るようなんだけど、Bug(虫)じゃあイメージ悪くない?
日本語で言うところの「カメラ小僧」的ニュアンスを感じてしまう。

となると、「写真が好き」って事で「Photo Lovers」が、ニュアンス的に近いですかね?

2014.01.19

全東京写真連盟撮影会(湯島聖堂)

毎日毎日、寒い日が続いておりますが、暦の上では明日が大寒。
大寒を過ぎて立春を迎えれば、少しは寒さも・・・って、それでも寒いんでしょうなぁ(笑)
寒さが厳しい分、日差しの暖かさや春の訪れが嬉しく感じるものです。
少しの間、辛抱しましょう。

まぁ、銀行口座と財布の中身が寒いのは、どうしようもないのですが、辛抱たまらんですな(^_^;)

さて、本日は寒いですが天候にも恵まれ、今年第二回目となる全東京写真連盟の撮影会が、湯島聖堂で行われました。
神田・お茶の水・秋葉原界隈は、私の散策コースでもあるんですが、湯島聖堂にはあまり行く機会がありませんでした。
なので、先週、持参するレンズを検討するために下見したのですが、撮影できる場所が限られる分、まとめ方が難しいなぁ・・・と感じておったんですが、本番の撮影会では、モデルさんに助けていただいて、何とかまとまったかな?という感じです。

P1220614
モデル:まりー さん
撮影データ:Panasonic DMC-GH3、Canon FD50mm F1.4 S.S.C、ISO-200、f=2.8、1/320

P1220496
モデル:まりー さん
撮影データ:Panasonic DMC-GH3、Canon FD50mm F1.4 S.S.C、ISO-200、f=2.8、1/320

湯島聖堂は建物が黒色ですから、黒をうまく出す事がポイントですかねぇ。
ただ、下手なことするとモデルさんの肌の色が無茶苦茶になりますから、注意しないと。

P1220015
モデル:橘 環 さん
撮影データ:Panasonic DMC-GH3、DG SUMMILUX 25mm、ISO-200、f=2.2、1/1600

個人的に、モデルさんをポツンと配置した引きの構図ってのは大好物なんですが、組写真のように、連続した流れの中にあればメリハリになるだろうけれど、単発の場合は、作り込みが大事だなぁと感じた一枚。
コートの下は赤系の色の洋服だったから、コートを脱いで貰えば良かったかな?

今回の反省点は、次回撮影会の糧にしたいと思います(笑)

さて、高幡不動と芝公園の作品。
早くタイトルを決めなくては・・・・。

2014.01.13

色の出し方とテストプリント

何というか、三連休もあっという間です(涙)
まぁ、月曜日がお休みなので、今週の稼働日数は普段より一日少なくて良いのですが、今週は仕事で大物が二件控えておるのでなぁ・・・。
それの準備に四苦八苦しているだけに、若干憂鬱ではあります(笑)

三連休中は何をやったかというと、土曜日は全東京写真連盟の表彰式に出席して、その後にお茶して、銀座に立ち寄って、帰宅してからお汁粉作って、日曜日は、今度の撮影会会場の下見してから、神保町画廊で開催されているグループ展、「モイラ嬢のための9つの変奏曲」を見に行って、今日は築地から銀座をぶらついて、プリンターのインク買って・・・。

何だかんだ言いつつ、結構出歩いてますな。

さて、神保町画廊で見てきたグループ展では、色々と考えさせられました。
そのグループ展は、9人の写真家、画家の皆さん方が作品を出されていたのですが、色の出し方に、それぞれの個性が出ているんだなと言う事に気づいたんですね。
会場は「画廊」ですから、展示している作品の販売もしている訳なんですが、ふと見ると、L版でプリントされた作品がある。
聞くと、写真家の村田兼一先生が、今回展示の作品のテスト用にプリントされたものだそうで、壁を見ると、確かに同じ作品が掲示されている。
そして、当然ながら、色合いはピッタリ合っている。

土曜日の表彰式の後、コンテスト上位入賞常連の方たちと、一緒にお茶会をして写真談義に花を咲かせたのですが、その際に「きちんと色を出すことが大事ですよ」と言われたんですね。
モニターのカラー調整、プリンターとのマッチング・・etc、やり出したらきりが無いのだけれど、良い作品を作るためには、どれも重要な事。
撮影時に気を遣うこともそうだけれど、撮影後の処理が大事だというのは、銀塩もデジタルも変わりません。

で、自分はどうだったかというと・・・まぁ、いい加減にやってましたね(^_^;)
色の調整はこんなモンだろう。
じゃあ印刷。いきなりA4に出しちゃえ。
ちょっと暗いな、調整し直し。再印刷して一丁あがり♪

これじゃあ、ダメだわね。

でも不思議なもんで、金曜日の晩、晴海の撮影会のデータを調整していて、コンテスト応募候補のコマを、何となく2Lでプリントして調子の確認をしていたんですね。
その時は漠然と、テストプリントはしないとだめだなぁ・・・位に思っていて、そして、土曜日に色の話が出て、日曜日に村田兼一先生のテストプリントを見て、これは必要な工程だと認識するに至った次第。

考えてみたら、銀塩、モノクロ現像の時もそうでしたね。
キャビネ判で試しに焼いて、四つ切りに伸ばすときにはキャビネ判の調子を元に、適正値を探してましたから。(とは言え、いきなり四つ切りに焼くという事が多かったな)

日曜日に帰宅後、何となくやっていた「テストプリント」を見直して、撮影データを再調整。
改めて2Lでプリントしたら、格段に良くなった・・・と思う。
少なくとも、それぞれバラバラだった色の調子が揃った感じ。

「この写真撮ったのはコイツだな」と思われる写真を撮りたいってのが、目標だったりするんですが、それは同時に「自分の色」を確立することでもあるんだろうなぁ。

Img_20140102_0006
全東京写真連盟 芝公園撮影会
モデル:月 桔梗さん
撮影データ:ヤシカマット124G、f=8、1/250、コダック エクター

2014.01.11

表彰式

三連休の初日の今日、2013年前半(1~6月)に開催された全東京写真連盟撮影会の写真コンテスト表彰式が行われました。
私も2作品が佳作に入賞しております(^_^)v

写真で賞を頂くのは、高校三年の時、高文連地区大会の写真展で優良賞(銀賞)に入選して以来だから・・・25年振り?(笑)

私が全東京写真連盟に入会したのが昨年の六月でして、入会後にいきなりコンテスト入賞なんですが、「ビギナーズラックやろ!」と言われれば、恐らくそうなんでしょうなぁ。
7月の撮影会で一作品が入選して以降は、箸にも棒にもかからないですし(^_^;)

まぁ、何事も精進あるのみ。
課題認識と改善策検討を積み重ねていくしかありませんね。
それと、自分の作品に自信を持つことかな。

Photo
水元花菖蒲撮影会 (佳作)
タイトル:「目が合う瞬間」
モデル:緒川未来 さん
撮影データ:Panasonic DMC-GH3、DG SUMMILUX 25mm、ISO-200、f=1.8、1/1600

撮影会初参加は、6月の水元公園。
写真団体に入るのも、大人数での撮影会も初めてで、ただ、無我夢中でシャッターを切っていたように思います。
この作品は、スナップ的に自然な表情が撮れたなぁ・・・と、私自身も大変気に入っている作品です。

Photo_2
上野納涼浴衣撮影会 (佳作)
タイトル:「揺れる想い」
モデル:鈴木恵梨佳 さん(2013年度 ミス日本 グランプリ)
撮影データ:Panasonic DMC-GH3、G VARIO 45-200mm、ISO-200、f=4.6、1/640

どのコマを選ぶか、悩んだ記憶がありますねぇ。
目線を貰ったコマもあったんですが、あえて目線を外したものを選びまして、何となく物憂げなタイトルにして、梅雨空のように不安定な心模様を・・・

なんて書くとカッコいいけれど、この時も無我夢中でシャッター切ってましたね(^_^;)

次の撮影会は、来週。
今年は、もっと良い写真を撮って、もう少し上の賞に入賞できるように頑張ろうと思います。

2014.01.07

欲しいものがあるから、頑張って稼ぐ

パナソニックがアナウンスしていた、ライカブランドの交換レンズ「LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2」が正式発表されたんですが、メーカー希望価格が20万円!(^_^;)

でも、よくよく考えたら、20万円を超えるレンズなんてごまんとある訳で、確かにマイクロフォーサーズ系のレンズとしては、べらぼうに高いのかも知れませんが、これはこれで納得かなと言う気もしています。
なんたってライカ銘だし。
それと、NOCTICRONとは、ライカがこのレンズのために用意した名前だと何かの記事にありましたので、それを考えると、パナソニックもガチで作り込んできているだろうから、その写りには期待が持てそうです。

価格comの口コミなんかを眺めてみると、「高い!高い!」の大合唱で、いつもいつも、それはどうよ?と感じているんですが、amazonでは16万前半で掲載されていますから。希望価格の2~3割引程度で落ち着くんじゃ無いかな?と見ています。

いずれにしても、CP+開催までに実写レポートなどが掲載されるだろうし、CP+のパナソニックブースでも目玉として展示されるだろうから、楽しみに待っていようと思います。
そして、このレンズを手に入れるために、貯金するのは勿論、給料をもっともっと沢山貰えるように仕事に励む方が、「高い!高い!」と文句をたれているよりも健全じゃないかな?

今年はレンジファインダーのカメラに手を出そうと目論んでいるので、正直きついなぁ・・・と思うのが本音なんですが、アベノミクス効果で恵比寿顔になれるように、頑張ろうじゃありませんか。
不景気風吹かせて喜ぶバカもおらんでしょうし(笑)

P1170856
全東京写真連盟 こどもの国撮影会
モデル:月 桔梗 さん
撮影データ:Panasonic DMC-GH3、DG SUMMILUX 25mm、ISO-200、f=1.4、1/100

2014.01.06

タイトルをつける

昨年からの懸案事項だった、高幡不動と芝公園の撮影会の写真のプリント。
腕が伴わないのに、アレコレ悩んでいても仕方ない訳で、昨晩、腹を括ってプリントしてみたら、意外に良い感じ。
一晩おいて、色が落ち着いたところで再確認したら、満足いく仕上がりだったので、すぐさま応募準備に掛かりたいところだが、ここで最後の難関。
そう、タイトル付け。

撮影会の合間に、タイトルをどうやって考えているか聞いてみたりしているけれど、皆さん同じ悩みを抱えているようです。
歌のタイトルや詩の一節、果ては歳時記からイメージに合う言葉を探したりと、一見楽しいようで、実はとても辛い工程だったりします(笑)

まぁ、肩肘張らずに、イメージしたもの感じたものに似合う言葉を付ければ良いんだけれども、それがなかなか浮かばない。
プリントは終わったけれど、タイトル待ちで更に一週間放置と言うことも珍しくない。
と言いつつも、コンテストの応募締め切りは迫ってくるわけで、そのたびに「もっと本を読んで語彙を広げなくては・・・」と思いつつ、なかなか実践できないというのは、不徳の致すところであります。

2014.01.04

全東京写真連盟撮影会(新春晴れ着)

今日は、全東京写真連盟の、2014年第一回目となる撮影会が、晴海の旅客ターミナルで開催されました。
お正月と言うことで、モデルのお嬢様方は晴れ着です!

初詣で、都内の社寺仏閣を幾つか回りましたが、時間帯もあるのでしょうが、着物姿の人が少なかったんですよね。
なので、若干浮かれ気分で撮影してたりして(^_^;)

P1200523

モデル:水嶋 夏月さん
撮影データ:Panasonic DMC-GH3、PENTAX SMC TAKUMAR 55mm、ISO-200、f2.8、1/3200

P1210126
モデル:大類 文香さん(2013年 全日本着物の装い 関東大会 準女王)
撮影データ:Panasonic DMC-GH3、M.ZUIKO DIGTAL 45mm、ISO-200、f1.8、1/1000

P1210156
モデル:華音さん
撮影データ:Panasonic DMC-GH3、M.ZUIKO DIGTAL 45mm、ISO-200、f1.8、1/25

P1210201
モデル:立花 れいさん
撮影データ:Panasonic DMC-GH3、PENTAX SMC TAKUMAR 55mm、ISO-200、f2.8、1/160

普段の私服姿での撮影会も楽しいですが、髪の毛をアップにして晴れ着を身に纏うと、印象がガラッと変わって見えますね。
今回の撮影会では、参加されたモデルさん全員を撮影したのですが、コンテストの応募作品を選ぶのが大変だなぁ・・・・。

その前に、去年の高幡不動と芝公園の応募作品を仕上げなくては・・・。

2014.01.03

今日の出来事

早いもので年末年始のお休みも、土日の二日間を残すのみとなりました。
年が明けると、去年の事なんて遠い昔のように感じてしまうもんですが、今週の火曜日までが去年なので、まぁ、人間の感覚ってのはいい加減なもんだ・・・と言う事で(笑)

さて、本日、何となく銀座に出向いたんですが、有楽町駅の近くで(と言うかガード下ね)今朝方発生した火災の消火活動が続けられている最中でした。
流石に、火の手は上がっていませんでしたが煙が止まない状態でしたね。

P1190732

隣接する有楽町マリオンは、開店休業状態。
有楽町駅もシャッターが下ろされていました。

帰宅してから、火災発生直後、現場に居合わせた人が投稿した写真を見ましたけれども、もの凄い勢いで火の手が上がっていましたねぇ。
何が原因かは分からないですが、有楽町駅のガード下って、未だ昭和の雰囲気漂う一角でしたので、この火災を機に、ガード下の建物の建て替えがされるんじゃないかなぁ・・・と思う次第。

とは言え、新年早々から火災とは、縁起でも無いですね。

さて、今日は箱根駅伝の復路と言う事で、コース沿いには大勢の人たちが応援に訪れていました。
私、日本橋で、国士舘大学、大東文化大学、東海大学の応援団&チアリーダーの様子を見物していたのですが、男臭い応援団というのは、何か良いですなぁ。
チアリーダーってのは、凄いですな。
東海大学のチアリーダーは、下のようなアクロバティックな技を披露して、喝采を浴びておりました。

P1200404

箱根駅伝の結果は、すでに報じられているとおり、東洋大学が一位でゴールしました。

P1200438

普段は望遠レンズを持ち歩かないので、風景写真のような感じですが、これはこれで面白いかも。

明日は、今年第一回目の全東京写真連盟撮影会です。

2014.01.01

元日点描

新年、あけましておめでとうございます。

年の初めの何とやらで、去年は色々ありましたが綺麗さっぱり忘れて、気持ちも新たに新しい年をスタートさせたいと思います。

さて、元日点描というのは、元日の出来事を、かなりいい加減に撮影した写真と駄文で綴ると言うものでして、ほぼ、毎年書いてます(笑)

と言う事で、2014年の元日点描です。

元日と言えば初詣。
日付変わってすぐの時間帯は、何処行っても混んでますから、明け方近くの時間帯に行くことにしています。
初めに地元の神社。
それから、都内の有名どころをはしごするというパターンです。
あまりあちこち立ち寄るのは良くないとも言われますが、散歩コースなので勘弁して戴きたいところ(笑)

まぁ、大体、地元の神社の他は、靖国神社(崇敬奉賛会会員です)、東京大神宮(靖国神社の近くので)、神田神社(ITお守りを戴くためです)、浅草寺と浅草神社(浅草好きなので)と言うパターンです。

やっぱり、回りすぎだな(笑)

靖国神社では、厄年以降、毎年、昇殿参拝しておりますが、6時20分の案内に間に合わせると、参拝が終わった頃に日の出となります。
本殿から眺める初日の出は、なかなか幻想的です。

靖国神社から、徒歩で東京大神宮、神田神社と回り、秋葉原(銀座線・末広町駅)から地下鉄で浅草に移動します。

秋葉原の様子はと言うと、元日営業の家電量販店が販売する福袋を求める客が、寒空の下、長蛇の列を成してました。
一昔前は、元日営業してる店は珍しがられたものですが、今では当たり前の光景になっちゃいましたねぇ。

P1190657

浅草に着いたのは8時過ぎくらい。
例年でしたら、8時台は空いていて、9時になると途端に混み始めるのですが、今年は8時台でも結構な人出。
でも、参拝はスムーズに出来ました。
一時間ずれると、大変なことになりますが(笑)

今年は二眼レフを持ち出してスナップを撮っていたので、デジカメでの画像は少なめです。

浅草での参拝を終えた後、久しぶりに渋谷まで。
渋谷と言ったら、年始の際の混乱防止のため、大規模な交通規制が敷かれたとニュースで言っておりましたが、センター街での光景にちょっと吃驚。

P1190664

P1190666

至る所に、ガラス瓶の破片が散乱。
渋谷は「ゴミゴミしていて嫌いだ!」という人もいますが、普段より汚さ5割増しといった感じ。
昨晩から今日未明に掛けて、何があったのやら・・・・。

P1190665

電線にはサンダルが引っかかっていたし・・・・。

ちなみに、渋谷のランドマーク「109」は明日が初売りなので、今日は、いつもより閑散とした雰囲気。
明日から、またいつもの「渋谷」に戻るんでしょうね。

と言う事で、朝早くから動いていたせいか、何か調子も今ひとつなので、そのまま帰宅。
お雑煮を作って、借りてきたDVDなんぞを見てのんびり。

まぁ、お正月くらい、のんびりするのが一番ですね。

そんなこんなで、今年もよろしくお願いします。

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »