フォト
無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 全東京写真連盟撮影会(湯島聖堂) | トップページ | フィルムスキャニングとテストプリントと »

2014.01.20

名刺と肩書き

パソコン通信時代なんかは、オフ会用と言うことで、ハンドル名で名刺を作っていたけれど、最近はそう言うこともしなくなっていました。
だけども、自己紹介やブログの案内をするときなど、それ用の名刺があると便利。
趣味の分野での集まりで、会社の名刺を出すのもためらわれる場合も有るし、仕事を忘れてリフレッシュするために趣味に没頭したいってのもあるので、仕事とプライベートは分けておくのがベスとかな?と勝手に思っております。

そういうわけで、プリンターもあるし、昔買って使わないでいた名刺用紙もあるので、プライベート用の名刺を作ってみました。
仕事では肩書きのある立場には無いけれど、趣味の世界だったら、何となくそれっぽい肩書きを付けてみたい。

写真が趣味だから「フォトグラファー」とか「カメラマン」でも良いんだけれど、自分はプロじゃない。
ブログやTwitterのプロフィールでは「流しのカメラマン」等と名乗っているけれど、「流し」って何だよ!(笑)
名刺で受け狙いをしても寒いだけかも知れないので、ちょっと真面目に作ってみたい。

と言う事で、「写真愛好家」を名乗ることにした。
写真を撮ること、見ること、語ることが好きだから、ピッタリだと思う。

この間の撮影会で、早速知り合いに配ったのだけど、「写真愛好家って英語では何というのか?」という話題になった。

グーグル先生に聞いてみたら、「photography enthusiast(写真に熱中する人)」と言う英訳に当たったんだけれど、何かニュアンスが違う。
「Shutter Bug」って言い方も有るようなんだけど、Bug(虫)じゃあイメージ悪くない?
日本語で言うところの「カメラ小僧」的ニュアンスを感じてしまう。

となると、「写真が好き」って事で「Photo Lovers」が、ニュアンス的に近いですかね?

« 全東京写真連盟撮影会(湯島聖堂) | トップページ | フィルムスキャニングとテストプリントと »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名刺と肩書き:

« 全東京写真連盟撮影会(湯島聖堂) | トップページ | フィルムスキャニングとテストプリントと »