フォト
無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 雪と選挙と | トップページ | 二週続きの大雪 »

2014.02.11

全東京写真連盟撮影会(2014年新人モデル選抜)

本日は「紀元節」・・・と書いたら、ネトウヨ死ね!とか言われそうですが、別にいいじゃねぇかと思う私です。

さて、今日は、全東京写真連盟の2014年新人モデル選抜撮影会が、晴海旅客ターミナルで開催されましたが・・・ブログ掲載の写真は、今日は無しです!
別に撮影に失敗して、掲載できる写真が無いというわけではありませんで、撮影会後に最終選考があり、それから2014年の新人モデルとしての採用者が決定するそうで、コンテストの応募も、採用されたモデルさんを撮影した作品となっているので、結果か出るまでおあずけという次第。
個人のホームページ掲載について、詳しく聞くのを忘れてしまいましたが、私としては、コンテストの応募要項に倣いたいと思っています。

まぁ、この辺は意見の分かれるところだと思います。
「折角、撮影会にモデルとして参加してくれたのだから、公平に扱うべきだ」
「肖像権や何やら小うるさい時代だから、採用されたモデルさんのみとするのは仕方ない」
モデルさんの側からすると、採用されなかったのに写真が掲載されるのは嫌かも知れないし、自分の活動軌跡として掲載して欲しいと思っているかも知れないし・・・。

世の中ってもんは、正論を振りかざすと息苦しく面倒事も多いですから、穏便に済ますように流れるもんです。
(まぁ、これは日本人だけの感覚で、グローバルスタンダード(笑)では相容れない感覚だろうけれど)

と言う事で、本日の反省点は、「手ぶれ写真の大量生産」であります。

晴海旅客ターミナルでは、屋外の他にも屋内ホールでの撮影も出来たのですが、屋内での撮影時に手ぶれ写真を大量生産してしまったと。

一般的に、手ぶれしないシャッタースピードは、35mm換算での1/焦点距離と言われています。
ですから、90mm相当の中望遠レンズの場合、デジタルだと1/90なんて半端なシャッタースピードがありますけれど、単純に、おおよそ1/125以上は必要という事になります。

今の時代、過信は禁物ですが手ぶれ補正がありますし、撮像素子の高感度性能も向上していますので、ISO感度を上げて使うという方法もあります。
それでも不安ならストロボ使えってなもんですが、ちょっと判断ミスをした。

  1. 手ぶれ補正の無いレンズを使っていた。
  2. 撮像素子の高感度性能が向上したとは言え、やっぱり画像は荒れるので、ISO感度を上げることを躊躇った。
  3. ストロボを焚くと雰囲気ぶちこわしになるので使いたくなかった。
  4. 何か知らんけれども、気が急いていて落ち着きが無かった

と言う事で、何とかなるさと突っ走ってみたものの、何ともならなかったと言う、一番ダメなパターンに陥りました(^_^;)

一応ですね、帰宅後のセレクトでは使えるコマは選べたんで、モデルさんの選考結果次第になりますが、コンテスト応募用の作品の確保は大丈夫かと思っています。
でもね、全体をざっと俯瞰すると、納得いくものではありませんね。

今日は、小回りが利くようにと、トレードマーク?の二眼レフを持参しなかったのですが、「もしかすると、調子悪いのは、二眼レフが無いからじゃないの?(笑)」と、休憩時間に言われたのですが、ひょっとすると、そうなのかも知れませんなぁ・・・(^_^;)

« 雪と選挙と | トップページ | 二週続きの大雪 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 全東京写真連盟撮影会(2014年新人モデル選抜):

« 雪と選挙と | トップページ | 二週続きの大雪 »