フォト
無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014.08.20

奇跡の一枚

この間の撮影会にて、ペンタックス6×7で撮影したネガが現像所から上がってきて、ワクワクしながらライトボックスに広げ、ルーペで確認して愕然。
ピントが外れてる・・・・。

もしやカメラの組ばらしをしたときに、問題があったか?と思い、シャッター面でのピント確認をしたところ、別段問題ない様子。

ネガを良く確認すると、何やら前ピンになっている。
あの日の事を思い出してみる。
天候は、時折陽は差す者の曇りがちの空模様。
ISO100のフィルムを使って、F5.6で1/250位。
湿度が高くて、ファインダーを覗いているとメガネは曇るわ、汗が目に入って霞んで見えるわで大変だった。
なので、フォーカススクリーン中央にある、マイクロプリズムでピントを合わせてから構図を決めていた。
モデルさんとの距離は、大体3~4m程度だろうか。
レンズ(ペンタックス67用165mm)の被写界深度指標を見ると、30cmあるかないか?

それらを勘案して判断すると、コサイン誤差によるものと判断されます。

ペンタックス6×7を買う前に、実際に使っている人たちの感想なんかを貪るように読んでいたのだけれど、165mmというレンズは銘玉だけれど使いこなしが難しいと書かれていた。
でもバッチリ決まったときは、凄い写真が撮れるとの一文に、「どんな風になるんだろう?」と、興味がわいてきた。
なので、ホントは標準の105mmが欲しかったのだけれど、ボディを見つけた店にたまたま無くて、ならぱと165mmをチョイスしたのであるが、今思うと無謀だったかな?(^_^;)

しかし、奇跡的に一枚だけ、ピントがバッチリ決まったコマがあった。
モデルは龍咲杏さんで、この間アップした写真の別カット。
表情もバッチリ。
試しにプリントしてみたら、とても良い。
コンテスト応募作品、一枚完成(笑)

このコマを撮影したのは、休憩の後で、落ち着いて撮った一枚だったことを思い出した。

「急いては事をし損じる」

それにしても、ペンタックス6×7と165mmレンズの組み合わせは手強く奥が深い。
自在に操れるようになるまで、何本フィルムを使うかわからないけれど、必ずモノにしてみせるぞ!
と思った、夏の日。

2014.08.17

全東京写真連盟撮影会(日本・パラオ親善記念)

いささか微妙な気分で過ごした今年の夏期休暇も、今日で終わり。
もし、自分に無尽蔵の貯蓄があって、収入の心配を一切しなくて良いなら、毎日が日曜日で楽しいだろうなぁ~等とロクでもない妄想をすることが多々ありますけれど、間違いなく一月で飽きる自信があります(笑)

明日から仕事かぁ~と思うと憂鬱ですが、稼ぎのためなら仕方ありますまい。
オン、オフの切り替えをしっかりやりましょう。

と言う事で、夏期休暇最終日は、全東京写真連盟の撮影会。
今回は、日本・パラオ親善記念水着モデル撮影会と言うことで、NPO南洋交流協会が選考する、日本パラオ国際親善大使プリンセスの皆様方と、全東京写真連盟所属モデルの皆様方を激写してきた訳であります。

で、今日は、気温はさほどではなかったと思うんですが、蒸し暑い。
シャツはで汗でぐしょ濡れになり塩を吹く始末。
早く涼しくならんかなぁ・・・・

さて、日本パラオ国際親善大使プリンセスの皆様方の写真は、Web公開NGですので掲載できません。
なので、南洋交流協会のホームページをご覧ください(笑)

P1390684_2
全東京写真連盟所属モデル:橘由美子さん

今回の撮影会には、先日来いじくり倒していたペンタックス6×7を持ち込んでみたのですが、このカメラはとても楽しい。
別名「バケペン」と呼ばれるとおり、一眼レフカメラを巨大化させたものですから、取り回しが良い。
なので撮りすぎる(笑)
120のブローニーフィルムを5本持参したのですが、あっという間に使ってしまいました。
撮影会終了後、現像に出してきましたので、仕上がりが楽しみです。
フィルムカメラは、仕上がりをワクワクドキドキしながら待つのも醍醐味ですね。

さて、橘さんに言われたのですが、いつもの二眼レフだと、いつシャッターを切ったかわからないので、「今の表情大丈夫かしら?」と心配になることがあるとのこと。
なので、バケペンはわかりやすい!と好評でした(笑)

じゃあ、今度、二眼レフで撮るときは、シャッター押したときに、口三味線でもしてみようか?
シャッター押したときに「がちょーん」と言ったら、「ハラホロヒレハレ」ってのってくれるかなぁ?

#そんなヤツはおらん(^_^;)

P1390747
全東京写真連盟所属モデル:Yumiさん

何かボトムスが龍咲杏さんと同じでして、「一緒に買いに行ったの?」と思わず聞いてしまったのですが、パラオのモデルさんも同じボトムスの方がいましたので、流行なのかなぁ?

P1390771
全東京写真連盟所属モデル:龍咲杏さん

P1390693
全東京写真連盟所属モデル:染谷かなさん

P1390876
全東京写真連盟所属モデル:南りこさん

赤いビキニにドッキリしましたが、それで小泉今日子さんのヒット曲を連想した私は、オッサンでございます(笑)
よく考えたら、あの歌が流行ったときって、まだ生まれてないよねぇ・・・。

2014.08.12

夏休みの過ごし方

夏休みの中休み・・・って、何か日本語が変ですが、私の夏休みは前半が終了し、今日から三日間出勤して、週末三日間お休みを戴いておしまい。
先週末は天候も今ひとつで、やる気もイマイチ出ませんでしたね。
その分、久しくやってなかった「ボーッとしている」というのを堪能いたしましたが(笑)

さて、ボーッとしているだけでは時間の無駄ですので、まとまった時間が取れるときに出来ることをすべき。
なので、夏休み前半は、カメラを修理してました。

まぁ、修理って言うほど大層なものではありませんが、中古で入手したペンタックス6×7(後期型)の調子がイマイチだったので、ちょっとバラしてみたと。
製造されて30年以上が経過した機体ですから、遮光用のモルトプレーン(要するにスポンジですね)は、溶けてドロドロなので張り替え。
TTLファインダーの連動用チェーンが切れて変なところに挟まったらしく、それを外すのに一苦労しましたが、何とか動くようになった・・・と思いきや、カウンターがちゃんと動かない(笑)
規定枚数撮影したら、あとは空撃ちして送っちゃえば良いかと言う事で、これはそのまんまにしてます。

それで試写したい所なんですが、ペンタックス6×7は「デカイ」「重たい」「やかましい」の三拍子揃った伝説の名機なので、どうしようか悩み中。
このまま今度のパラオ親善水着撮影会に持ち込んじゃおうか。
とりあえずは受け狙いで(爆)

P1330875
上野東照宮ゆかた撮影会
モデル:立花れいさん(全東京写真連盟所属モデル)

番傘に映り込んだ葉の影が面白いなぁ・・・と思ったんですが、この様な作品は、公開審査の時にはあまり評価が良くなったです。
曰く「影の形に目が行って、モデルさんが負ける」とのこと。

確かに、背景として考えたらうるさいですわね。
どうすれば、上手く取り込めるだろうか・・・。

2014.08.08

浮世の苦楽は壁一重

今日から夏期休暇。
と言っても、今日から4日間休んで、3日間出勤して、3日間休んで、18日(月曜日)から平常営業という、貧乏暇無しパターン(笑)
でも、人が少ない分、通勤の電車も空いてるし、会社の事務所内も静かだから、普段以上に仕事がはかどったりするものです。
仕事柄、データ集めて分析して結論をでっち上げると言う、考え事も作業の一つになっていたりするもんですから、周りが静かというのは大変ありがたい(笑)

夏期休暇の最終日は、全東京写真連盟のパラオ親善水着撮影会があるので、美しいパラオ親善大使のお嬢様方に心ときめかせ、いつもの日常に戻る英気を養おう!

と、普段ならば楽しい気分なんですが、休暇前にかなりヘビーな話を受け、心中穏やかならずの状態です。
焦って事が好転すれば良いけれど、焦ると大体悪い方向へ転がるもんで、かといって呑気に構えてもいられない。
焦りや迷いは悟られやすいので、親切を装って近づいてくる不埒者には注意しないとなりませんな。

苦しいときには何かに没頭しよう。
そう、私には写真がある。
いい加減、上野公園と潮風公園の作品をまとめにゃならん。
悩んでなんかいられない。

なんて一人漫才をしていると、全東京写真連盟からお手紙。
宛名が印刷だから、来月の撮影会の案内チラシだな・・・と思いながら封を切ると、コンテスト佳作入賞のお知らせでした。
当然、チラシも入ってましたが(笑)

Splash
2014年 レースクイーン水着撮影会 佳作
タイトル:「Splash!」
モデル:月寒うさぎさん(全東京写真連盟所属モデル)
撮影データ:Panasonic DMC-GH3、G VARIO 45-200mm  f5.6、1/125、ISO125

ISO感度を上げて、水の飛沫が玉になるようにすれば良かったかなぁ?
それとも、もっと引いて水の飛沫が飛び散る様子を、ダイナミックに見せれば良かったかなぁ?
見返してみると、ああすれば良かった、こうすれば良かった、ばかり並べてしまうんだけれど、次は、もっと上手く撮れるように頑張ろう。

このシーンを撮影したとき、うさぎさんがとても頑張ってくれたんです。
実は、ホースが途中で破れていて、なかなか思うように行かなかったんですね。
でも見てください。とっても良い表情を決めてくれました。
ありがとうございます。

さてと、成せばなる成さねばならぬ何事も。

2014.08.04

全東京写真連盟撮影会(大宮公園)

気がついたら8月になっていまして、小中高大の学生さんは夏休みを満喫中だと思いますが、勤め人は盆休み進行なので、色々と大変です(笑)

昨日は、全東京写真連盟の大宮公園撮影会。
暑い時期はプールで水着撮影会!と言うパターンが多いもんですが、水着のモデルさんに熱中しすぎて熱中症・・・と言う事態にもなりかねませんので、武蔵野の面影を残す緑深い公園で、避暑地でリゾート的気分で撮影するのもおつなもんです。

と言いたいところですが、大宮公園は暑いんです(^_^;)
風が吹くと、とても気持ちいいんですが、風が通りにくいと言うか、ほぼ無風状態でして、炎天下のプールサイド以上に、熱中症に注意しなければならない場所だと思います。

そんな訳で、前回の潮風公園で大活躍してくれた、保冷バッグと凍らせたパック入りスポーツ飲料に、今回は保冷剤を用意した上、タオルを「防暑タレ」にして、撮影会に挑みました。

んで、私の帽子は綿のカーキ色でそれに防暑タレをして、大きなカーキ色のカメラバックを担いでたもんですから、「何処のジャングルに隠れていた兵隊だ(笑)」と、ありがたいツッコミを頂戴いたしました(笑)

でも、防暑タレって、工事現場や園芸などでの熱中症対策用品として、数多く市販されているんですね。
一見古風ですが、改めてその効果が見直されると言う例は、他にもまだまだあるでしょう。
自分なりに、ちょっと研究してみようかしら?

さて写真を幾つか

P1380967
モデル:Yumiさん(全東京写真連盟所属モデル)

「夏場にストッキングだと暑くない?」と聞きましたら「暑いです(笑)」って言ってました(^_^;)
ストッキングは、美しいおみ足を引き立てるエクセレントなアイテムですが、暑いですから、あまり無理しないでね。

P1390071
モデル:桜沢京花さん(全東京写真連盟所属モデル)

今回の撮影会は、桜沢さんの写真が多めです。
何かいつもと雰囲気違うなぁ・・・と思ったら、アイメイクがナチュラル系なんですね。
避暑地の散歩道をイメージして撮影してみたんだけど、どうかな?
モデルさんは良いのに、撮影が下手なのは毎度のこと(^_^;)

と言う事で、モデルの皆様方、参加したカメラマンの皆様方、暑い中、大変お疲れ様でした。

さて、暑さのダメージは翌日に出ます。
歳のせいでしょうか・・・・?

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »