フォト
無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 全東京写真連盟撮影会(湯島聖堂) | トップページ | 飛鳥山公園 佳作♪ »

2016.02.26

CP+に行ってきた

パシフィコ横浜でカメラ関係のイベント「CP+」が開催されているので、有給使って見に行きました(笑)

いやね、会期は日曜日までなんですが、混雑が予想されるため、仕事の方も丁度一段落ついて余裕があるので、平日に行こうと思った訳なんですが、平日だってのに一般客が多かったですねぇ。
まぁ、皆さん、考えることは同じと言うことでしょうか。

今回、注目していたのは、リコーイメージングの35mmフルサイズ一眼レフ「PENTAX K-1」と、CP+に合わせて発表された、SIGMAのミラーレス一眼カメラ「SIGMA sd Quattro」の二機種。

どちらも注目度が高く、大分待たされましたが、どちらも非常に面白いカメラで、思わず笑ってしまいました(笑)。写真も撮り忘れているし。

カメラ業界全体では、売り上げは減少傾向だそうですが、ユーザーのトレンドは、「数」ではなく「質」に変わってきているんじゃ無いかなぁ?と思うんですが、如何でしょう。

P1600294

Panasonicの超望遠ズーム。
35mm換算で200mm~800mm相当という代物でして、ライカ銘レンズなので、画質は文句なし。
GX8との組み合わせだと、ボディ側とレンズ側両方の手ぶれ補正が利くので、試しに300mm相当の画角でシャッタースピードを1/10で切ってみたら、ちょいブレ程度で納まってしまいビックリ。
凄い世の中になったもんだ。

P1600291

のどのお薬「コルゲンコーワ」でお馴染みの「興和」は、昔、カメラも製造していて、現在、マイクロフォーサーズ用のレンズを発売していて、大変好評を得ているそうです。
ブースには、往年の名機「KOWA SIX」も展示されていまして、復刻を望む意見も多いとか。
昔と違い、採算が見込まれないものは、どう転んでもダメですから、難しいでしょうねぇ。
つうか、今更デジタルじゃあ面白くないんです。
フィルム若しくはそれに類するアナログな方向性でやって欲しいところであります。

P1600295

こちらは、ジアゾ式感光紙を使用する「DANCAM」
筐体は段ボールです。
カメラの原点を学ぶというか、ホントに簡単な機構なんですが、撮れる写真はなかなか味わい深くで良いものです。
ただ、ジアゾ式感光紙は感度が低いので、撮影には30分ほど必要になりますから、ポートレートを撮ろうなんて考えたら、とんでもない苦行になります(笑)
なお、ジアゾ式感光紙は、需要が激減したことから、業界最大手のリコーも製造販売を終了してしまっていますが、用紙と現像液は大量にストックしているので、しばらくは平気だとか。
使うサイズも大きいわけじゃ無いしね。

P1600297

全東京写真連盟所属モデルの「杏璃」さんが、アスカネットのブースでお仕事をしていると聞き、行ってみましたら、撮影会で顔なじみの方とお会いしました。
次の撮影会では、このネタで盛り上がろう(笑)

アスカネットの「MY BOOK LIFE」という新サービスの紹介をとれていました。
以前、アスカネットのアルバム製作サービスで、退職する同僚の仕事中や送別会の様子などをアルバムにしてプレゼントしたことがあるのですけど、大変喜んでいましたので、撮った写真の活用方法として、もっと利用したいですね。

と言う事で、また来年~

« 全東京写真連盟撮影会(湯島聖堂) | トップページ | 飛鳥山公園 佳作♪ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CP+に行ってきた:

« 全東京写真連盟撮影会(湯島聖堂) | トップページ | 飛鳥山公園 佳作♪ »