フォト
無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 全東京写真連盟撮影会(柴又帝釈天) | トップページ | 全東京写真連盟撮影会(柴又帝釈天3) »

2017.05.05

全東京写真連盟撮影会(柴又帝釈天2)

毎度おなじみ、さすらいの写真愛好家でございますが、ゴールデンウイークも終盤になり、天気にも恵まれましたから、何処行ってもたくさんの人出で、のんびりできるのは、やはり自宅ということになりますねぇ。

「狭いながらも楽しい我が家」という言葉は、もはや死語になってしまったのでしょうか?

さて、4月の撮影会の作品をコンテスト用に仕上げる作業を始めましたが、なかなか思うようにいきません。
どーも写真の神様が降りてこないようなので、柴又の撮影会で久しぶりに持ち出した、日本のローライフレックス(言い過ぎだ!)こと、ヤシカマットにて撮影したモノクロフィルムの現像と取り込みを行ってみました。

フィルム現像については、いつもの通りの静止現像。
スキャナーでの取り込みは、いつもと手順を変えて、ネガのまま取り込んで、ネガポジ反転とその他調整を、Lightroomで行うようにしてみました。
手間は増えて面倒にはなりますが、こちらの方が調整も利くかなぁ?と、何となく思って何となく作業してます(笑)

_04
全東京写真連盟所属モデル:しー子 さん

モノクロってのは奥が深くてですね、語りだすと止まらなくなる危険なジャンルであります(笑)
まぁ、作品の評価のはずが、いつの間にかその本題を離れて、あらぬ方向に突き進んでしまうのが常ではあるんですが(^_^;)

日陰で光線がフラットに使い状態では、グレーの階調が命になります。
若いころはコントラストが高くてカチカチの「目玉が切れるような」写真を好んだりしたもんですが、歳をとるとグレーの階調にこそモノクロの神髄があると感じるようになれました。

Aika_01
全東京写真連盟所属モデル:與語愛加 さん

こちら、太陽がほぼ真上に位置する、午後の初めに撮ったもの。
デジタルでうっかりすると、顔の影がきつくなったりしますが、これだとだいぶ柔らかいでしょ。
でもなんか、えらい昭和な雰囲気になったなぁ(^_^;)

_03
全東京写真連盟所属モデル:菊池ユキ さん

細かい調整はしてますが、胴着のハイライト部分は完全にすっ飛んでおらず、布地のテクスチャーが残っています。
ポートレート写真では「逆光が正義」でありますが、ヤシカマットの場合逆光はつらい状況だったりします(笑)
あと、設計・製造が古い時代のカメラですから、カラーよりモノクロのほうが持ち味を出せる感じがしますね。
これは、ヤシカマットに限らずクラッシックカメラ全般に言えることですけれど。

ただ、最近はフィルム時代に弱点とされた、逆光時のフレア、ゴースト、周辺光量落ちなどが、オールドレンズの「味わい」として楽しまれる方も多いようで、面白いもんだなぁと感じています。

まぁ、そういう私も、Canon FD50mm F1.4 S.S.Cのじゃじゃ馬ぶりがお気に入りだったりしますけど(笑)





« 全東京写真連盟撮影会(柴又帝釈天) | トップページ | 全東京写真連盟撮影会(柴又帝釈天3) »

コメント

しー子さん、こんばんは。

デジタルのモノクロと、フィルムのモノクロって、微妙に風合いが異なるんですよ。
どちらが良いかは好みの問題ですが、私はモノクロはフィルムが好きですね。

今回は、いつになく良く撮れました(^▽^)/

掲載ありがとうございます。

モノクロの雰囲気もいいですね♪

カラーとモノクロでは、
同じ場所の同じ写真でも
まるで別の雰囲気が出ますよね☆

それが面白いです‼

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/710/65238009

この記事へのトラックバック一覧です: 全東京写真連盟撮影会(柴又帝釈天2):

« 全東京写真連盟撮影会(柴又帝釈天) | トップページ | 全東京写真連盟撮影会(柴又帝釈天3) »