フォト
無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ニュース

2013.12.24

皇居一般参賀の要領

昨日のエントリーで、皇居一般参賀の待機中に起きた出来事を書いたんですが、それについて、Twitterのフォロワーさんから、「一般参賀の要領で、機材にカメラなどを取り付けて高く掲げることは禁止されているよ」とのコメントがありました。

宮内庁のホームページを確認しましたら、確かに書かれていますね。

天皇誕生日一般参賀要領(宮内庁ホームページ)

新年一般参賀要領(宮内庁ホームページ)

この様に明文化されているわけだから、注意されたら止めないとねぇ。
と言う事で、皇居の一般参賀に行ってみようかなぁ・・・と思った方は、一度、要領を確認しておくと良いですね。

まぁ、人の振り見て我が振り直せ。ですな。

2013.12.23

皇居一般参賀

本日は、天皇誕生日。
と言う事で、皇居の一般参賀に行って参りました。

毎年今の時期は気温も低く、特に今年は腰の調子も良くないので、寒空の下で待機するのは、正直しんどいなと思ったのですが、頑張って行ってきました。
腰用のカイロとZippoのカイロで完全武装していったつもりですが、足下の防寒対策が重要ですね。

お正月の一般参賀に行かれる方は、スキー用のタイツ、靴下を着用して行かれると良いかと思います。
あと、トイレも遠いですから、前日から水分は控えめに。

さて、警察官の誘導で皇居内に入り、両陛下、皇太子殿下ご夫妻、秋篠宮殿下ご夫妻と真子内親王殿下のお出ましを待つしばしの間に起こった出来事。

とある男性が、伸ばした一脚に取り付けたカメラ(ハッセルブラッドのHシステム)を、参賀客に向けて写真を撮っておりました。
何か、この男性は去年もいたような記憶があるんですが、人混みの中で危ないなぁ・・・と言うか、場所をわきまえろと思っておったんですが、案の定、警備の警察官から注意されます。
注意されると一脚を下ろすのですが、またすぐに同じ事を繰り返す。
そして、また注意される。
周りの人たちも「なんだコイツ?」と思い始める。

そして三回目。
やってきた警察官に注意されても、何やらご託を並べているのか(屁理屈か)揉めている様子(警察官は、かなり気を遣って注意されてました)。
そのうちに周りから「つまみ出せ!」と罵声が飛ぶ始末。
両陛下のお出ましの時間も刻一刻と迫る中、警察官の手により強制退場と相成りました。
周りの人たちと揉め出したり、殴り合いに発展したりしたら目も当てられないですしね。
(と言うか、周りにはその筋の人も多いわけで、仮につまみ出されなかったとしても、後でぼこぼこにされたと思うな。)

おそらくは、両陛下と同じ視線で参賀客を写したかったんだと思うけれど、そういうのは、大体ろくでもない意図を持って撮りたがるモンだと、個人的には感じております。
と言うか、私的には、これがきっかけで「カメラ持ち込み禁止」とされるほうが怖いんですけれどね。

それでまぁ・・・私も無礼を承知でお出ましの際に写真を撮らせて戴きました。
でも、写真を撮るのはこの時だけ。
お言葉を戴いている最中は真剣に耳を傾け、その後は力一杯小旗を振ることにしております。(自分なりの、けじめのつもりです)

P1190611

バルコニーにお立ちになった両陛下。
天皇陛下は手を振りながら、皇后陛下に何か語りかけたようで、微笑み合われる両陛下のお姿にほっこりいたしました。

この写真は、プリントして神棚に飾っております(マジです)。

2013.12.19

平和に暮らすと言うこと

東京都の猪瀬都知事が、お金で躓いて辞職したと言うニュースで、しばらくニュース欄は、次の「都知事は誰なんや?」で盛り上がるんだと思うんですが、それもまた、手前勝手でいい加減な話で、もしかすると、ギャーギャー騒いでいるのは「自称・都民」なのかも・・・なーんて思ったりしています。

まぁ、氏に一票を投じた都民として言わせて戴くと、副知事時代の働きを見ていて、他の候補者がアレだったと言うこともあって、この人だったら大丈夫だろう・・・と思ったのは事実でありますし、著作なんかも読んでなるほどな・・・と思ったところも多いし、何にしろ、日本のために東京がちゃんとしないとイカンのだ、と言う論は、今でも支持してますからね。

だもんで、こんな形で幕引きになったのは残念ですが、今のご時世、仕方ないのかなとも感じております。

それはそうとね、声を大にして言いたいのは、次の都知事を選ぶときは、よく考えて投票しろって事ですね。
だから、安易に「テレビに出ていて顔が知れている」だとか「耳障りの言い事ばかり連ねている」だとか、「マスコミが全力で推している」だとか、いい加減な気持ちで選ばないようにって事を肝に銘じておきたいですね。

都知事の問題もそうですが、同日に発生した「餃子の王将」の社長が射殺されたと言う事件も衝撃であります。
つうか、こっちの方が、都知事の進退より重大な事件ですよ。
京都府警は、全力を挙げて犯人を逮捕して戴きたい。
大丈夫かなぁ・・・。

この様に、心落ち着かないニュースばかりでは、いい写真も撮れません。
綺麗なおねーちゃんの写真を沢山撮って、幸せな気分でいたいってのが、偽らざる気持ちです。

P1140202
※写真の転載は禁じます
全東京写真連盟 葛飾柴又撮影会
モデル:月寒うさぎさん
撮影データ:Panasonic DMC-GH3、G VARIO 14-45mm、ISO-125、f8、1/40、フラッシュ使用

2006.07.08

感じるんだ!(岡本太郎「明日の神話」公開)

芸術家の故・岡本太郎さんの、「幻の名作」と言われていた巨大壁画「明日の神話」が、本日より汐留の日本テレビ本社 ゼロスタ広場で公開されている。
前日に放映された特別番組を見た人も多いだろう。

大阪万博のシンボルとして知られる「太陽の塔」と同時期に製作され、「太陽の塔と対をなす作品」とも言われているが、「太陽の塔」と同い年の自分としては、是非見ておかねば!とばかり、汐留に向かった。

20060708122432_1

この作品は、本当に凄かった。

とにかく凄い。

どう凄いかって?

そんなの言葉になんて出来ない。

頭の中でなく、心に直接響いてきたんだ。

でも、今、無理して言葉にしている。

「明日の神話」は、核戦争をモチーフに、原爆に焼かれる人々などが描かれた作品だけど、「核戦争はんたーい」ってメッセージを投げているのじゃないと感じた。
ピカソの「ゲルニカ」に似ているけど、否なる作品。

壁画から溢れる、怒り、恐れ、絶望、悲しみ・・・・・。
だけど、それ以上に、明日への希望を力強く感じる

岡本太郎は、とうの昔に天国に行ってしまったけど、この絵からは、岡本太郎の息づかいが感じられた。
「何だこれは!」と言いながら、目を大きく見開き、両腕を広げて歩み出てくるような。

とにかく、見に行け!
そして感じろ!

2006.07.05

王監督、胃の手術で休養を表明

何気なく「報道ステーション」を見ていたら、「王監督が身体(進退?)に関わる緊急会見を開く」という速報が入り、会見場からの中継画像に画面が変わった。

「ここのところ、胃の調子が悪かったので病院に行ったら、手術が必要な腫瘍が見つかった」

「シーズン途中でチーム、大好きな野球から離れるのは辛いが、コーチ陣や選手が一丸となって、日本一を奪還してくれると思う」

突然の報告に、思わず息をのんだ。

チームを指揮していくことの苦労や、今年開催されたWBC監督としての激務が、ここにきて現れてきたのか?
何にせよ、手術が無事に終わり、我々の前に元気な姿を見せてくれることを、祈らずにはいられない。
O

上の画像は、2ちゃんねるのニュース速報+板に投稿されていたもの。
そういえば、故・いかりや長介さんが、ガンで入院・手術されたときも、2ちゃんねるのスレッドで全快祈願折り鶴AAが書き込まれていましたね。

昨日のニュースなんて、誰も欲しがらない

今朝の朝刊は、前日、広島高裁で行われた、女児殺害事件の判決が一面を飾った。
だが、朝のテレビは、北朝鮮がぶっ放したミサイルのニュース一色だ。
ついでに言うと、ミサイルが放たれた後に、韓国の調査船が日本領海に侵入している。
その前には、中国の調査船も尖閣諸島付近をうろついているし、此奴ら絶対にグルなんじゃねぇか?と思わずにはいられない。

ホント、ザ・モッズの名曲「激しい雨が」ではないけど、「昨日のニュースなんて、誰も、欲しがらない」って感じですな。

さて、今朝は、出勤途中に、号外配布に遭遇できるかな?と思ったけど、タイミングが合わなかったようだ。
産経新聞は、9時24分頃、東京駅で号外配布をしていたようだけど、この時間だと、会社でバリバリ仕事している最中だもんなぁ。

私が新聞の号外を初めて見たのは、昭和天皇が崩御されたとき。
地元の駅前で貰ったのが最初だった。
この号外は、今でも実家で保管されているはずだ。

号外というと、配達員が「号外!号外!」って叫びながら、人混みの中を、号外をばらまきながら走り抜けていく、なんてイメージがあるけど、実際は、新聞社の社員さんが配っている。
産経新聞のWEBサイト「iza」の記者ブログに掲載されている、「ウェーブ産経」推進本部 高橋裕子さんの号外配布の四方山話は、なかなか興味深い。

そりゃ、事件や訃報の号外より、慶事の号外の方が良いよね。
それだけに、北朝鮮や(たまたまの偶然なんだろうけど)周辺国の動きは不快極まりない。

2006.07.02

♪武勇伝♪武勇伝なんて言ってる場合じゃない

日本テレビの「高校生クイズ」収録中、神宮球場に着陸する予定だったパラシュートが強風に流され、赤坂御用地に落ちて大騒ぎだそうな。
ちなみに、けが人無しである。

パラシュートで降下したのは、お笑い芸人「オリエンタルラジオ」の中田敦彦とインストラクター2名とのこと。
ネタの中で、相方に「あっちゃんカッコイイ~」って言われている、ひげ面の方ですな。

まぁ、世が世なら、撃ち落とされても文句言えないぞ。

オリエンタルラジオは「♪武勇伝♪武勇伝」ってのが持ちネタだけど、これは笑えないな。
ネタを、当分の間、封印しなされ。

別の見方をすれば、落ちた先が赤坂御用地で良かったとも言える。
もし、まかり間違って高速道路上に着地したら、大惨事になったかも知らん。

男って、繊細な生き物なんです(喫煙とEDの関係)

産経新聞によると、オーストラリア保健当局が、16~59歳の男性8400人を対象に、勃起障害(ED)と喫煙、飲酒、心血管疾患、糖尿病などとの関連を調査・分析したところ、約10人に1人にEDの症状あり、このうち27.2%が喫煙者だったそうだ。

タバコの値上げに続き、(海外の事例ではあるが)男性機能への影響など、愛煙家にとっては、辛いニュースが続きますな。

ただ、タバコだけでなく、ストレスの影響もありそうだし、年齢別の分布がどうなっているのか、詳細を知りたいところである。
そりゃぁ、どんなに健康な人でも年取ったら起ちも悪くなりますぜ。

「少子化対策のため、禁煙政策を強力に進めるべきである!」なんて、少子化対策担当のドラえもん大臣が言い出さないか、心配である。
(そんなもん、対策にならんのだけどな)

やりたい盛りの高校時代、「メンソールのタバコを吸うと、インポになる!」と言う噂を聞いて、戦慄したものだ。
まぁ、有名な都市伝説で、類似例として「コーラを飲むと・・」とか「ブリーフを穿くと・・・」ってのがあるけど、「メンソールタバコを吸うと・・」ってのは、つい最近まで信じてましたな。
今では、メンソールタバコを愛煙しているけど、我が愚息の経年劣化を除いては、特に衰えたとは感じていない。

個人的な経験から、EDってメンタル面での影響が大きいと思いますよ。
20代前半の頃、やる気マンマンで事に及んでも、何故かやる気と肉体の反応が異なったと言う経験がありますんで。(あの時は、やたらと焦ってドツボにはまったな)

2006.06.30

愛煙家の憂鬱

7月1日からタバコが値上げされる
帰宅途中コンビニに寄ったら、まとめ買い用のカートンが山積みになっていた。
自分はカートン買いはしてないけど、好みの銘柄を3個(900円分)買っておいた。

2003年にも値上げがされたけど、その時は、JTが値上げ反対の署名を募集したりしてましたな。
今回の値上げに関しては、そう言った動きは無しで、諦めにも似た空気が漂っているような気がする。

喫煙者に対する風当たりは増すばかりだし、そのうちに、タバコ一箱10000円とかになって、高額所得者でないと吸えない代物になってしまうのかも知れないですな。
ニューヨークに行った知り合いから、「こっちはタバコが一箱1000円近くします!」ってメールが来たのは、何年前の事だっけ。

読売新聞なんか、社説で「もっと値上げして良い!」なんて論陣張っていたしね。
自分所の親分、ナベツネさんが吸っているのは葉巻だから、社説で何書いても無問題ってか?
連中、勧誘は強引だわ、集金のたびに「契約の更新はどうしますか?」って言ってきやがるから、今度の支払いの時「読売の代わりに産経持ってこい(#゚Д゚)ゴルァ!!」と言ってやる(爆)

喫煙者にアンケートを採ったら、3人に1人が今回の値上げを機に禁煙しようと考えている、なんて結果が出たそうだ。
えっ?オマエはどうするんだって?

禁煙したら、負けかな?と思っている(爆)

#言ってみたかっただけだ(;・∀・)

とりあえずは、2日で一箱のペースを、3日で一箱にします。

2006.06.29

巨大スイカがやって来た!

って、私の家にじゃないよ(;・∀・)

大阪の阪神百貨店で、観賞用の巨大スイカ(重量80kg)が展示されていて、「食っても美味くないけど、欲しい人がいたら12000円で売るよ~」というニュースが有ったんですな。

んで、まさか買うヤツはいないだろと思っていたら、漫画家・西原理恵子さんのファンという男性が購入し、西原さんの自宅に送料10万円をかけて送ったそうな。
「お子さんとスイカパーティーでもどうぞ」と。

その送り主のファンって・・・高須クリニックの高須センセらしい(;・∀・)

このネタは、いつマンガになるのかなぁ?

より以前の記事一覧